<< 天皇杯はウォーミングアップではない(再) 〜 天皇杯3回戦 甲府戦@中銀スタ 雑記 | main | チョンテセの負傷離脱 >>

ファンソッコの右サイドバック

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

天皇杯の敗退から一夜明け、各紙には厳しい内容の記事が並びました。

 

【清水】格下甲府に完封負け…ヨンソン監督「相手におめでとうとしか言えない」』(スポーツ報知 2018/07/12)

 

清水J2甲府に完封負け 攻撃ミス連発で見せ場なし』(日刊スポーツ 2018/07/12)

 

J1清水、甲府に敗れる サッカー天皇杯』(静岡新聞 2018/07/12)

 

 

クラブの公式サイトにも、ヨンソン監督ほか選手たちのコメントが掲載されています。

 

ヨンソン監督に対する記者からの質問の一つ目として挙げられていたのが、ソッコのサイドバックについて。

 

 

<Q.ファンソッコ選手をサイドバックにしたこと、後半途中で3バックに変更したことの手応えは?>


「今回、新しい試みとしてファン選手を右サイドで使ってみようと思った。

試合に臨む前、試合中、また終わった後も、本来のポジションはやはりセンターバックだという気持ちは変わっていない。

以前も立田(悠悟)選手をサイドバックで使ったことはあるが、本来のポジションはセンターバックの選手だと思っている。

(立田選手は)今日の試合でも、センターでよく頑張ってくれていた。
ゲームは追わないといけない展開になっていた。

そこでチームの戦いのプランの一つとして、松原(后)選手を高いポジションにして、後ろを3枚で試してみようということは考えていた。

それが充分発揮できたかというと、充分ではなかったように思う」

 

 

素人である自分の判断は、監督やコーチ、選手たちのそれにははるか遠く及ばない、というのがおいらのスタンスです。

 

しかし、中断期間中のトレーニングでソッコをSBに起用する形を試していると聞いた時、頭に「?」が浮かびました。

 

これまでの戦いにおける守備の要は間違いなくソッコであったように見えたし、それはCBというポジションにいたからこそだと感じていました。

 

「プロフェッショナル」なりの考えがあるのだろうと思いながらも、どうしてもその意図が見えてきませんでした。

 

 

今回のヨンソン監督のコメントからも、ソッコのSB起用の明確な意図は伝わってきません。

 

ソッコの最も適した位置はCBであると認めた上で、「ファン選手をサイドに持ってきて臨むということを、今後、トライする余地がある試みだったと思う」とも語っています。

 

手応えがあったというように読み取れます。

 

 

練習の様子を確認できていませんし、11日の試合も映像を見ていません。

 

ネット上ではやはりソッコはCBに戻すべきだという意見が多く見られましたが、個人的な判断は自分の目で見てからにしようと思います。

 

 

ちなみに、ソッコは次のようにコメントしています。

 

「サイドバックとして出場したが、攻撃と守備の切り替えの時にリスクマネジメントをして、バランスを整えることが重要だったと思う。

(失点は)自分たちのディフェンスラインに穴があったということと、相手がそこを崩して点につなげたということ。

今のチーム状況を考えた時には、ディフェンスラインであればどこでもできるという自分の強みを出せたと思うが、自分がセンターバックとしてスタートした方がどっしりと構えられて良いディフェンスができていたかもしれない」

 

 

うまく機能した、とは捉えていないようです。

 

このコメントだけでは本心がわかりませんが、CBでプレーした方が良かったのでは、というように読み取れます。

 

 

この「新たな試み」がどうだったか以前の試合内容であったと思いますので、この試合一つで全ての判断はできないでしょう。

 

この起用は、立田をCBで起用する、ということがセットになっていますので、立田がどうであったかということも見極める必要があります。

 

ヨンソン監督のコメントからは、再びこの形を試したいという意思を感じます。

 

もしも、これが最後の試みとなったなら、つまりはそういう判断をしたということでしょう。

 

 

どうなるかはわかりませんが、少なくとも今のチームには「試み」をしている余裕はないように思います。

 

もちろん、変化を拒んだ瞬間にチームとしての成長が止まる、ということも認識した上です。

 

まだまだ、変化以前にその土台が築かれていないのでは、ということです。

 


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへにほんブログ村  にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
↑↑↑↑             ↑↑↑↑
その他の清水エスパルス・サッカーブログを読むならこちらから。

 

 

天皇杯はウォーミングアップではない(再) 〜 天皇杯3回戦 甲府戦@中銀スタ 雑記』(エスパルスキー 2018/07/11)《905pv》

 

天皇杯はウォーミングアップではない』(エスパルスキー 2018/07/09)《691pv》

 

参謀役の招聘 〜 ゲリー・ペイトン氏加入へ』(エスパルスキー 2018/07/08)《971pv》

 

 

【J1第15節暫定】※1試合未消化
 

10位 勝ち点18
5勝3分7敗 19得点 21失点 得失点差-2

 

37 広島(+14)

 

 

 

 

 

 

 

 

28 F東京(+8)

27 川崎F(+10)

26 C大阪(+6)※、札幌(+3)

 

 

 

22 神戸(+6)、仙台(-1)

21 磐田(0)

20 柏(0)

 

18 清水(-2)、鹿島(-4)※、湘南(-5)

17 横浜FM(-1)、浦和(-1)、長崎(-5)

 

15 G大阪(-5)

 

13 鳥栖(-7)

 

 

 

09 名古屋(-16)

 

 

【累計ゴール数】

 

6 金子 翔太

5 北川 航也

3 クリスラン

1 鄭 大世

1 河井 陽介

1 立田 悠悟

1 石毛 秀樹

 

 

【けが人情報】※公式リリースのみ

 

鎌田 翔雅選手のケガについて』(清水エスパルス公式 2017/12/09)

 右膝前十字靭帯損傷:全治までは7ヶ月を要する見込み


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

独眼・オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で(改)』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、ファンソッコ、立田悠悟

at 00:03, macotobatten, クラブについて

comments(0), trackbacks(0), - -

comment