<< これまで最も稼働した選手は | main | 「予想通りにはならない」という予想 >>

鳥栖戦、河井のPK判定のその後

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

天皇杯PK戦やり直し、規則適用ミスに理事涙目謝罪』(日刊スポーツ 2018/06/12)

 

天皇杯名古屋対奈良クラブPK戦やり直し、いつ、方法は』(ゲキサカ 2018/06/12)

 

主審は3カ月の審判活動停止処分 天皇杯の名古屋-奈良クで』(デイリースポーツ 2018/06/12)

 

巷では、天皇杯2回戦でのPK戦やり直し案件に注目が集まっています。

 

 

概要は次の通りです。

 

・ 天皇杯2回戦、名古屋と奈良クラブの対戦は、1-1のままPK戦に突入。

・ 奈良クラブ4人目のキッカーがキックの際に「左足けんけん」をしたことが「キックフェイント」と判定される。

・ 競技規則上は「キック失敗」とされ、この時点で名古屋の勝利となるはずだったが、主審は「蹴り直し」を指示。

・ 結果的に奈良がPK戦を制し、3回戦進出となった。

・ 翌日、3級審判資格者を名乗る人の問い合わせにより、規則適用ミスが発覚。

・ 検討の結果、PK戦のみ最初からやり直すことに。

・ 実施時期や場所、方法の詳細は、現時点で未定。

 

 

いわゆるジャイアントキリングとして注目された試合でしたが、予想外の展開となりました。

 

競技規則は昨年FIFAによって改定されたようで、審判団にはその認識がなかったようです。

 

さらに加えると、「キックフェイント」とされたプレーも、正当なプレーであったとか。

 

 

主審ほか審判団には処分が下されたようですが、改めてサッカーのルールは難しいと思いました。

 

後になればこのことも「当たり前」となるのでしょうが、毎年のようにルール改定がある中、それを瞬間の判断で見極めなければなりません。

 

現に、試合のその場で両クラブから異議が出なかったことがその難しさを物語っています。

 

 

厳正なるジャッジが求められるのが審判団なので、今回の処分はやむを得ないと思います。

 

しかし、これをもって審判団に批判はできないよなあとも思います。

 

時々いうのですが、目まぐるしく状況が変わるピッチ上で瞬間的な判断を90分間繰り返すサッカー審判の業は、まさに神業だと思っています。

 

一定数の誤審は生じますが、それを凌駕するほどに神業的なジャッジが行われているよなあ、と。

 

 

さて、「レフェリーブリーフィング」というのをご存知でしょうか。

 

JFAが昨年より実施している「ジャッジに対する意見交換会」のようなものです。

 

少し前になりますが、先月23日に第3回のレフェリーブリーフィングが開催されたとのことです。

 

 

2018年第3回JFAレフェリーブリーフィング・一部レポート』(J SPORTS mas o menos 2018/05/26)

 

この記事にその詳細が紹介されています。

 

 

このレフェリーブリーフィングでは、今季のリーグ戦及びルヴァン杯における15の事例について、川上審判委員会副委員長から説明がされました。

 

その中に、清水の試合が2つ含まれていました。

 

 

1つは、J1第9節F東京戦における、接触プレー後の審判の対応。

 

F東京の選手同士が接触し、ゴール前で倒れたままになっていながらもプレー続行を判断したシーンに対し、早く止めて選手の安全を優先するべきだったとしています。

 

 

もう1つは、J1第13節鳥栖戦における、河井のハンドによりPKを取られた場面。

 

まだ記憶に新しいところであり、河井本人も含め、おそらく多くの清水サポーターが疑問をもったシーンだったと思います。

 

先述の記事に川上氏の説明の詳細が掲載されていますので引用させていただきます。

 

==========

 

サガン鳥栖×清水エスパルス


主審:山岡良介 副審:西尾英朗、和角敏之 第4の審判員:塩津祐介

 

【シーン】
10分...原川力のクロスに対応し、河井陽介がエリア内でスライディングした時に、ボールが腕に当たったように見える。

 

【ジャッジ】
主審は河井のハンドと判断し、鳥栖にPKが与えられた。

 

【上川氏の説明】
レフェリーは笛を吹いている。

(ボールが蹴られた)距離は近い。

ハンドを取られた方は凄く不満を持っている。

(河井の)体の向きが正面ではなく、腕の位置も自然な位置だとは思う。

我々の見解はアクシデントでノーファウル。

レフェリーはPKを取ったが、今回はこれが一番難しい判定かなと思う。


レフェリーはなぜPKを取ったかというと、体をボールが通過した後に手に当たっているように見えるという判断だったと。

ちゃんとボールのコースがわかっていて、体を通過した後に腕で止めたと判断したので、PKという笛を吹いたと。

それは十分に理解できるが、ボールの(蹴られた)距離が近くて、腕の位置は大きな利益を得ようとしている訳でもなく、実際に見ればボールが速いので、それを見ながら腕をボールの方向に持っていって止めるのは難しいことだと考える。

映像で見るとハンドとしてPKを与えるのは厳しいと我々は考え、ノーファウルが妥当であるとクラブ側にも回答した。

 

==========

 

結論はノーファール。

 

クラブにも回答されているとのことです。

 

 

連戦中の厳しい試合でした。

 

この判定がなくとも負けていた可能性はありますが、このジャッジによって試合展開は大きく鳥栖に傾きました。

 

試合結果への影響がなかったとは言い難い判定でした。

 

だからこそ、クラブは見解を求めたのだと思います。

 

 

試合後の審判団とクラブとのやりとりは、昨季から毎試合実施されていると聞いています。

 

その場で疑義が解消されることもあれば、後日回答となる案件もあるようです。

 

結論がどうなったかは不明ですが、昨季のルヴァン杯ダービーにおけるゴール取り消し案件も、その一例だったようです。

 

 

先述した通り、レフェリングは神業だと思っています。

 

それでも、こうしたミスジャッジは発生します。

 

それが少しでもなくなるようにレフェリーの皆さんは日々研鑽とトレーニングを重ねているのだと思います。

 

 

川上氏によれば、質問のあった案件のうち、判定の間違いが認められたのは3割なのだとか。

 

クラブからの質問は、基本的には「間違っているのではないか」という判断のもとに行われているはずです。

 

その判断は、一般の観戦者よりも精度が高いでしょう。

 

それでも3割だということは、レフェリーの判断はかなりの確率で正しいということになります。

 

素人が「間違っているのではないか」と思った事案の8割から9割くらいは、正しいジャッジなのだろうと推測できます。

 

 

例えば、「ハンド」についても、手で触ったら反則だという認識が未だにあります。

 

しかし、「ハンド」は「hand(手)」ではなく「handling(処理)」であり、「手でボールを意図して処理したか否か」が基準となります。

 

これによって、河井のプレーは事後にノーファールと判断されました。

 

ハンドの判断は非常に難しいものであり、事例によっては判断が割れるものもあるようです。

 

 

試合に夢中になると、ついついジャッジに対して不満を募らせることがありますが、ジャッジのせいにして満足したことはこれまで一度もありません。

 

イライラを処理するのは簡単ではありませんが、レフェリーに対してリスペクトの気持ちをもち、ルールについて少しでも関心をもてば、スタジアムでの景色も少し変わるのかもしれません。

 

サッカーのルールに対しては自分も無知な方だと思いますが、意識していきたいと思います。

 

 

広島戦の残像 〜 J1第13節 鳥栖戦@ベアスタ 後記』(エスパルスキー 2018/05/07)

 


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへにほんブログ村  にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
↑↑↑↑             ↑↑↑↑
その他の清水エスパルス・サッカーブログを読むならこちらから。

 

 

これまで最も稼働した選手は』(エスパルスキー 2018/06/10)《961pv》

 

2種類の拍手 〜 天皇杯2回戦 今治戦@アイスタ 参戦後記』(エスパルスキー 2018/06/06)《1272pv》

 

FC今治の今と未来』(エスパルスキー 2018/06/04)《752pv》

 

 

【J1第15節暫定】※1試合未消化
 

10位 勝ち点18
5勝3分7敗 19得点 21失点 得失点差-2

 

37 広島(+14)

 

 

 

 

 

 

 

 

28 F東京(+8)

27 川崎F(+10)

26 C大阪(+6)※、札幌(+3)

 

 

 

22 神戸(+6)、仙台(-1)

21 磐田(0)

20 柏(0)

 

18 清水(-2)、鹿島(-4)※、湘南(-5)

17 横浜FM(-1)、浦和(-1)、長崎(-5)

 

15 G大阪(-5)

 

13 鳥栖(-7)

 

 

 

09 名古屋(-16)

 

 

【累計ゴール数】

 

6 金子 翔太

5 北川 航也

3 クリスラン

1 鄭 大世

1 河井 陽介

1 立田 悠悟

1 石毛 秀樹

 

 

【けが人情報】※公式リリースのみ

 

鎌田 翔雅選手のケガについて』(清水エスパルス公式 2017/12/09)

 右膝前十字靭帯損傷:全治までは7ヶ月を要する見込み


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

独眼・オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で(改)』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス

at 22:37, macotobatten, Jリーグ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment