<< ABCの段階 〜 練習試合 藤枝戦 | main | FC今治の今と未来 >>

清水から日本代表が選ばれる日

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

毎度のように、今さらな話題となります。

 

すでにW杯を戦う日本代表チームは日本を離れていますが、先月31日に発表されたその23人について、ふれておきたいと思います。

 

 

GK
川島 永嗣(メス/フランス)
東口 順昭(ガンバ大阪)
中村 航輔(柏レイソル)

 

DF
長友 佑都(ガラタサライ/トルコ)
槙野 智章(浦和レッズ)
吉田 麻也(サウサンプトン/イングランド)
酒井 宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井 高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)
昌子 源(鹿島アントラーズ)
遠藤 航(浦和レッズ)
植田 直通(鹿島アントラーズ)

 

MF
長谷部 誠(フランクフルト/ドイツ)
本田 圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾 貴士(エイバル/スペイン)
香川 真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)
山口 蛍(セレッソ大阪)
原口 元気(デュッセルドルフ/ドイツ)
宇佐美 貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)
柴崎 岳(ヘタフェ/スペイン)
大島 僚太(川崎フロンターレ)

 

FW
岡崎 慎司(レスター/イングランド)
大迫 勇也(ブレーメン/ドイツ)
武藤 嘉紀(マインツ/ドイツ)

 

 

日本代表については、最近はどっぷり浸かることもなく、試合も大してチェックしていません。

 

なので、選手の選出や日本代表の戦い方について、ここであれこれ言うことはできません。

 

代表監督人事については思うところはありますが、ここでは割愛します。

 

 

23人を眺めてやはり思うのは、清水からの選出がないのは寂しいということ。

 

 

…と書いてみたのも実は形式的で、実はもう、選出がないのが当たり前のようになってしまっています。

 

フランス大会や日韓大会の頃は、清水から誰が選ばれるのかそわそわしていた記憶がありますが、ドイツ大会では選出なし。

 

その後は岡崎が代表の常連までのしあがりましたが、海外組が増える中で、Jリーグからの選出そのものが減り、清水からの選出はどんどん遠のいていきました。

 

今回の23人の発表においても、当落線上にいた清水の選手はいませんでした。

 

予備登録の段階でさえ、2015年の東アジア杯で選出されていた六反くらいだと思います。

 

 

清水と日本代表の距離が一気に離れたのは、2010年シーズン後のあの大量退団以降だと思います。

 

2011年1月に開催されたアジア杯では、岡崎のほか、すでに清水を退団することが決まっていた立場で、藤本淳吾と本田拓也が選出されています。

 

しかし、藤本は翌2012年を最後に選出なし。

 

拓也の場合は、そのアジア杯が最後の選出となりました。

 

 

その後、清水は大きく若返りをすることとなり、各年代で代表を経験した有望な選手が何人も加入しました。

 

弦太はG大阪へ移籍し、昨年は初の代表選出となりました。

 

そして、その他の選手は、代表に選ばれるには至っていません。

 

 

今の選手たちはどうでしょうか。

 

石毛や水谷、航也は、中学時代から年代別代表の常連でした。

 

二人ともに、トップ昇格後は伸び悩んでいるところがありますが、石毛は今季に殻を破ったような印象があります。

 

水谷も、まだまだこれからの選手です。

 

航也はリーグ戦での出場数が確実に増えており、今季はすでに5ゴール。

 

2桁ゴールが十分狙える状況です。

 

代表にはもう2ステップくらい上がる必要がありますが、岡崎がそうであったように、基礎がしっかりあれば、いくときはトントンといくものです。

 

その時を待ちたいと思います。

 

 

松原は、昨季までなら代表に最も近いと言われていた選手かもしれません。

 

今季はチーム内の役割が多少変わり、相手も研究してきているために、昨季までのキレが感じられません。

 

しかし、そのポテンシャルは確かなものであるし、日本全体で薄いポジションであるので、航也と同じく大きなステップアップがあれば、可能性があるのではと思います。

 

 

東京五輪世代では、立田や滝が候補として遠征に呼ばれています。

 

ここからの"ふるい落とし"が厳しいですが、ぜひとも生き残ってほしいと思います。

 

 

今の代表に選ばれるためには、20歳あたりからチーム内で存在感を見せられるようでなければ難しいのだろうと思います。

 

「有望な若手選手」というのは、Jリーグ54クラブを見渡せば山ほどいるわけです。

 

ここで挙げた選手たちも、他クラブからしたら、まだまだ知名度がたりないでしょう。

 

現実は厳しいものです。

 

 

また、もう一つの現実として、例え彼らが大きくステップアップしたとして、今の清水がしっかりと抱えていられるかどうかという問題があります。

 

もしも代表候補となれば、他クラブからのオファーは間違いなくあるはずです。

 

松原には、すでに昨オフにオファーがあったのだとか。

 

彼は、清水への想いを優先し、今季も清水でプレーを続けてくれていますが、全てのケースでそのようにできるとは限りません。

 

残念ながら、資金面から見ても、注目度から見ても、清水から代表選手を出すのは容易ではありません。

 

現に、「成長」を口にしながら、何人もの選手が清水を去りました。

 

そのうちの何人かは、実際にステップアップに成功しています。

 

(もちろん、そうでない選手もいますが…)

 

選手個々のステップアップだけではなく、清水エスパルスというクラブ自体もステップアップが必要です。

 

 

最後になりますが、大島僚太にふれておきます。

 

「清水から日本代表」という意味では、彼が今回のW杯の「清水からの代表」ということになります。

 

清水船越の出身です。

 

「静岡学園出身」と紹介されるのは、高校サッカー色の強い静岡県の文化なのかもしれません。

 

そして、県内クラブでないことから、わりとサラッと紹介されるにとどまっています。

 

先日の川崎F戦の日、公園内を散歩した際に、川崎Fのユニを着た子どもたちがボールを蹴っていました。

 

半分くらいが10番をつけていました。

 

14番より多かったのが意外でしたが、それほど大島はチームにとって大きな存在になっているんだなあと感じました。

 

 

静岡県出身の日本代表が減っているということがよく話題になります。

 

今回の23人の中で、県内出身は大島と長谷部の2人。

 

かつての10人とかに比べれば少ないわけですが、それでも、各地にサッカー文化が広がった今の日本で、そしてこの人口規模で2人というのは立派なものなのかもしれません。

 

監督交代があり、非常に難しいチーム状況だと思います。

 

そこは、3大会連続のキャプテンとなるであろう長谷部がしっかりと「整えて」くれるだろうと思います。

 

 

選手たちにとっては、4年に一度の大一番。

 

そこには、監督交代は関係ありません。

 

悔いのないような大会にしてほしいと思います。

 


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへにほんブログ村  にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
↑↑↑↑           ↑↑↑↑
その他の清水エスパルス・サッカーブログを読むならこちらから。

 

 

立田悠悟 東京五輪への挑戦』(エスパルスキー 2018/03/14)

 

弦太のU-23日本代表候補キャンプ招集』(エスパルスキー 2016/4/6)

 

清水からリオ五輪をめざす選手は』(エスパルスキー 2015/12/16)

 

日本代表のいない清水エスパルス』(エスパルスキー 2015/8/27)

 

アギーレ代表監督と清水エスパルス』(エスパルスキー 2014/8/12)

 

櫛引と石毛のリオ五輪』(エスパルスキー 2013/12/11)

 

日本代表への道』(エスパルスキー 2013/7/16)

 

三浦弦太、日の丸を背負い…』(エスパルスキー 2013/6/10)

 

U-19、そして、リオ五輪』(エスパルスキー 2012/3/7)

 

 

ABCの段階 〜 練習試合 藤枝戦』(エスパルスキー 2018/05/31)《696pv》

 

イニエスタの加入はいいのだけど』(エスパルスキー 2018/05/27)《1417pv》

 

リーグ戦再開までのスケジュール』(エスパルスキー 2018/05/25)《1096pv》

 

 

【J1第15節暫定】※1試合未消化
 

10位 勝ち点18
5勝3分7敗 19得点 21失点 得失点差-2

 

37 広島(+14)

 

 

 

 

 

 

 

 

28 F東京(+8)

27 川崎F(+10)

26 C大阪(+6)※、札幌(+3)

 

 

 

22 神戸(+6)、仙台(-1)

21 磐田(0)

20 柏(0)

 

18 清水(-2)、鹿島(-4)※、湘南(-5)

17 横浜FM(-1)、浦和(-1)、長崎(-5)

 

15 G大阪(-5)

 

13 鳥栖(-7)

 

 

 

09 名古屋(-16)

 

 

【累計ゴール数】

 

6 金子 翔太

5 北川 航也

3 クリスラン

1 鄭 大世

1 河井 陽介

1 立田 悠悟

1 石毛 秀樹

 

 

【けが人情報】※公式リリースのみ

 

鎌田 翔雅選手のケガについて』(清水エスパルス公式 2017/12/09)

 右膝前十字靭帯損傷:全治までは7ヶ月を要する見込み


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

独眼・オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で(改)』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、大島僚太、長谷部誠

at 22:46, macotobatten, 日本代表

comments(0), trackbacks(0), - -

comment