<< もう一度ここへ 〜 天皇杯4回戦 G大阪戦@吹田S 参戦後記 | main | 戻るべき場所へ 〜 J2第42節 徳島戦@鳴門大塚 後記 >>

ラストダンス 〜 J2第41節 岡山戦@アイスタ 後記

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

2016/11/12(土)15:04 KICK OFF

清水エスパルス 2-1 ファジアーノ岡山(前半2-0)


【入場者数】
16,740人

【得点】

16分 オウンゴール(清水)

34分 鄭 大世(清水)

65分 豊川 雄太(岡山)

【出場選手】《清水のみ》
GK 植草 裕樹
DF 三浦 弦太
DF 犬飼 智也
DF 角田 誠
DF 松原 后
MF 河井 陽介

    (→89分 MF 本田 拓也)
MF 竹内 涼
MF 枝村 匠馬

    (→80分 MF 村田 和哉)
MF 白崎 凌兵
MF 大前 元紀
    (→73分 MF 金子 翔太)
FW 鄭 大世


【警告・退場】

60分警告 岩政 大樹(岡山)【反スポーツ的行為】


【主審】
中村 太

==========

41試合消化
2位 勝ち点81
24勝9分8敗 83得点 36失点 得失点差+47

 

84 札幌(+32)

 

 

81 清水(+47) 松本(+29)

 

 

 

 

 

75 C大阪(+15)

 


 

 

 

 

 

 

66 京都(+11) 

 

64 岡山(+14) 

 

62 町田(+8) 

 

 

59 横浜FC(0) 

 

57 徳島(+5) 

56 愛媛(+2)

 

 

 

52 千葉(-1) 

 

50 山口(-10) 

 

48 水戸(-2) 

47 長崎(-10)

46 熊本(-14) 

 

44 山形(-9) 群馬(-14) 

43 東京V(-16) 

42 讃岐(-19)

 

40 岐阜(-26)

 

38 北九州(-18) 金沢(-24)

==========

 

「IAIスタジアムで清水エスパルスがサッカーをするのは、今日を最後にしていただくことをご容赦いただきたい。」

 

左伴社長が試合後のセレモニーでこう締めくくりました。

 

アイスタに湧き上がる歓声と拍手。

 

小林監督の挨拶も含め、このようなエネルギーに溢れるホーム最終戦セレモニーはいつ以来でしょうか。

 

 

ホーム最終戦でずっと勝つことができなかった清水。

 

最後に勝ったのは2008年。

 

健太監督のもとでナビスコ杯決勝を戦ったあのシーズンまで遡らなければなりません。

 

 

一時は10位まで順位を下げたチームが、最後の最後に自動昇格圏内となる2位まで昇りつめてきました。

 

さらには、元紀がずっと口にしてきた「優勝」も手の届くところまできました。

 

自分には録画中継で確認することしかできませんでしたが、J1昇格へ向け、選手、スタッフ、サポーターが一体となったセレモニ−を見ることができました。

 

 

J2への降格が既に決まっていて、無力感の中、ただただ目の前のサッカーに小さな希望を見出そうとしていた昨季のホーム最終戦。

 

0-3で柏に完敗したその試合に出場していたメンバーは、今季のメンバーとほぼ同じでした。

 

あの時、クラブはすべての選手を慰留すると宣言し、実際にほぼすべての選手がチームに残ってくれました。

 

小林監督による新体制のもと、よくぞここまでチームとしての成長を成し遂げてきたと思います。

 

まだこのシーズンの結末は決まっていませんが、素晴らしいシーズンであったことは間違いありません。

 

そして、今のチームの状態に心から満足しています。

 

ここまで勇気をくれた選手たち、それを導いてくれた小林監督はじめスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

2-1で勝利したこの試合。

 

後半は生きた心地のしないシーンが連続しましたが、選手全員で体を張ってゴールを死守しました。

 

クラブ初のプレーオフ進出がかかっている岡山は強敵でした。

 

 

次の徳島は、おそらくそれ以上に手ごわい相手となるでしょう。

 

相手の立場に立てば、ただで勝利を与えるはずがありません。

 

それでも、今の清水エスパルスには勝利しかありません。

 

万全の準備をして、今季最終戦となる徳島戦に挑んでくれるはずです。

 

 

あとひとつです。

 

あと1勝です。

 

これまで積み上げてきた勝ち点81と得点83。

 

それを徳島戦にしっかりとつなげ、今季の締めくくりとしたいものです。

 

 

ベンチ入りしていなかった選手も含めて全員での勝ちロコ。

 

うっすらと夕焼けた西の空と、肩を組んだサポーターでオレンジ色に染まる西スタンド。

 

美しきラストダンス。

 

次にここで行う試合は、2017シーズンのホーム開幕戦。

 

もちろん、その舞台はJ1です。

 

 

徳島に駆けつける方も、中継で見守る方も、携帯・スマホでチェックする方も、ただ念を送り続けることしかできない方も、みんなで清水の勝利のために心を一つにしましょう。

 

想いは一つです。

 

絶対に昇格を決めましょう。

 

 

もう一度ここへ 〜 天皇杯4回戦 G大阪戦@吹田S 参戦後記』(エスパルスキー 2016/11/11)

 

J1ガンバ大阪に挑む』(エスパルスキー 2016/11/8)

 

向かい風、追い風 〜 J2第40節 讃岐戦@ピカスタ 後記』(エスパルスキー 2016/11/7)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、ファジアーノ岡山、IAIスタジアム日本平

at 22:40, macotobatten, 試合 後記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://s-pulse-ki.jugem.jp/trackback/1326