<< J1ガンバ大阪に挑む | main | ラストダンス 〜 J2第41節 岡山戦@アイスタ 後記 >>

もう一度ここへ 〜 天皇杯4回戦 G大阪戦@吹田S 参戦後記

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

2016/11/9(水)19:00 KICK OFF

ガンバ大阪 0-0(延1-0) 清水エスパルス(前半0-0)

【入場者数】
8,789人

【得点】

112分 長沢 駿(G大阪)

【出場選手】《清水のみ》
GK 高木和 徹

DF 川口 尚紀

    (→68分 DF 鎌田 翔雅)

DF ビョン ジュンボン

DF 二見 宏志

DF キム ボムヨン

    (→107分 DF 松原 后)
MF 杉山 浩太

    (→90+3分 MF 本田 拓也)
MF 福村 貴幸
MF 石毛 秀樹

MF 澤田 崇

MF 金子 翔太

FW 北川 航也


【警告・退場】

39分警告 呉屋 大翔(G大阪)

60分警告 アデミウソン(G大阪)

107分警告 長沢 駿(G大阪)

117分警告→退場 呉屋 大翔(G大阪)

120分警告 二見 宏志(清水)


【主審】

福島 孝一郎

==========

 

もう気持ちは完全に明日の岡山戦に向いているというのが正直なところですが、松本戦以来の参戦がようやく叶ったということで、記事を更新したいと思います。

 

DSCN0643.JPG

 

試合終了後、選手が見えなくなってもエスパルスコールは鳴りやみませんでした。

 

延長戦にもつれこんだこの試合。

 

21時以降は近隣住民の方への配慮として鳴り物禁止。

 

手拍子と声だけが、真新しい吹田スタジアムに鳴り響きました。

 

 

リーグ戦のメンバーからは総入れ替え。

 

佳境に入ったリーグ戦に照準を合わせ、不本意ながらも"サブ組"で4回戦を戦うことになりました。

 

一方のG大阪は、代表招集の東口と井手口を除いては、ほぼリーグ戦と同じメンバー。

 

J1で年間4位となったチームに対し、厳しい戦いになることは覚悟していました。

 

 

選手個々の技術、スピードは敵いません。

 

選手間の連係も、同じメンバーでリーグ戦を戦ってきている相手にはやはり敵いません。

 

試合勘も、到底及びません。

 

そして、戦いの場はG大阪のホーム、市立吹田サッカースタジアム。

 

清水サポーターもたくさん駆けつけましたが、サポーターの数ではやはり敵いません。

 

 

それでも、清水の選手たちは全力で戦い抜き、試合開始から111分まで相手にゴールを許しませんでした。

 

久しぶりにキャプテンマークを巻いた浩太の強烈なシュートを始めとして、何度かチャンスも作りました。

 

あと少し、というところまで相手を追い詰めることができたし、それは決して運によるものではなかったと思います。

 

この試合に対する想いは、相手を上回っていたでしょう。

 

"サブ組"という表現を便宜上使いましたが、彼らは決してsubstitute(補欠)ではなく、清水エスパルスを代表する選手としてこの試合を戦ってくれました。

 

試合後、悔しさのためか涙を流す選手がいました。

 

そこには、魂の戦いがあったし、だからこそ現地にいた清水サポーターは皆彼らのプレーに心を打たれたのだと思います。

 

 

「どうせ負ける試合だった」と思ったなら、こんなに悔しい想いは抱かなかったでしょう。

 

どんなに攻め込まれようとも、体を張って、身を挺してゴールを守りました。

 

少ないチャンスであっても、相手ゴールをめざしてシュートを放ちました。

 

普段出場機会の少ない選手がアピールのために頑張った、なんていう話ではなく、一つのチームとしてこの試合に挑む姿を見ることができました。

 

だから感動があったし、試合には負けましたが、本当に現地に行ってよかったと思いました。

 

この試合は、絶対に次の岡山戦につながるでしょう。

 

 

次は、もっと準備に集中できる状態で、最もいい状態で、G大阪に挑みたいと思いました。

 

この試合に出場した選手たちは、この新しいスタジアムの芝だけではなく、J1のプレーを肌で感じ、多くの刺激を受けたはず。

 

自分たちも、一年前までは同じカテゴリーで戦っていました。

 

しかし、あの頃のチームよりも、この試合の彼らの方がいいサッカーをしていたように感じます。

 

少なくとも、サポーターの心に訴える何かがありました。

 

 

「もう一度ここへ来よう」

 

そう思いました。

 

もちろん、J1という舞台で。

 

 

さあ、いよいよホーム最終戦。

 

プレーオフのことは今は考えていません。

 

今季、アイスタで試合をするのは最後にしましょう。

 

SS指定席とAゾーンは完売。

 

開幕戦の15,453人を上回ることはできるでしょうか。

 

自分は参戦できませんが、今季最強の念を送って勝利を祈りたいと思います。

 

現地組のみなさん、よろしくお願いします。

 

 

J1ガンバ大阪に挑む』(エスパルスキー 2016/11/8)

 

向かい風、追い風 〜 J2第40節 讃岐戦@ピカスタ 後記』(エスパルスキー 2016/11/7)

 

理想の展開と予想外の展開 〜 J2第38節 群馬戦@正田スタ 後記』(エスパルスキー 2016/10/31)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、ガンバ大阪、市立吹田サッカースタジアム

at 22:46, macotobatten, 試合 参戦後記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://s-pulse-ki.jugem.jp/trackback/1325