<< 攻撃のプログラム 〜 NYC 磐田戦@鴨池 後記 | main | 単調と順当と順調 〜 NYC 北九州戦@鴨池 後記 >>

新キャプテン、大前元紀 〜 小林監督が期待すること

JUGEMテーマ:清水エスパルス

2016シーズン キャプテン・副キャプテン決定のお知らせ』(清水エスパルス公式 2016/2/8)

【キャンプレポート】2月8日(月) 監督コメント(キャプテン、副キャプテンについて)』(清水エスパルス公式 2016/2/8)
 

【大前選手コメント】
『まずはエスパルスという偉大で歴史あるチームのキャプテンになることは光栄であり、嬉しく思います。今年はJ2という舞台での戦いにはなりますが、今は選手たちも声を出して、チームはとても良い雰囲気です。その中で自分が先頭に立ってチームのためにできることは全てやっていきたいと考えています。ただ、チームは勝っているときばかりではなく、負けてチームがバラバラになりそうなときもあると思いますので、そういうときこそ、プレーではもちろんですが、ピッチ外でもしっかり束ねていければと思います。そして、シーズン最後には必ずJ2優勝を果たし、サポーターと一緒に日本平でシャーレを掲げたいです。J1へ復帰するためにチームと一緒にさらに成長していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします』

【西部選手コメント】

『大前選手は初めてのキャプテンですので、犬飼選手と力を合わせてサポートしていきます。今年は厳しい戦いになることは覚悟していますし、それによりチームが厳しい状況になることもあるだろうと思います。そういう時こそ選手一丸となって苦境を乗り越えられるように、みんなが同じ方向を向いて1年間戦えるように、責任感を持ってやっていきたいと思います』

【犬飼選手コメント】

『まずはキャプテンを支える仕事をしていきたいと思います。副キャプテンという立場をいただき、それに相応しいプレーをしなくてはいけないというプレッシャーはありますが、自分がチームとともにレベルアップできる環境に置いてもらったとポジティブに捉えたいです。また、自分はまだ若いですが、自分より若い選手が多く在籍しています。特にその若い選手たちが伸び伸びプレーするため、自分の力でプラスに働かせることができたらと良いと思います』



2016シーズンのキャプテンと副キャプテンが決定しました。

このブログでは以前、新キャプテンについての記事を書きましたが、その中で2番目に挙げた元紀が2016シーズンのキャプテンとなりました。

副キャプテンは西部と犬飼。

西部はキャプテン候補として3番目に挙げていましたが、犬飼は想定外でした。


過去2シーズンのキャプテン経験者である浩太と拓也を選ばなかった理由として、小林監督は次のように話しています。

 

『過去に、杉山浩太、本田拓也がキャプテンをやっていたが、彼らにはその経験を大事にして欲しいのと、「チームのため」という負担を減らして、自分たちのプレーを中心に考えて欲しいところもある』


つまり、彼らはまず自分のことに専念せよと。

チーム内における選手の立ち位置を考慮した上で、あくまで最も大事なことは一人一人のプレーであると。

こういう部分を明確に示すということは、厳しさである一方で、選手個人を大切にする小林監督の"愛"の表れでもあると感じました。


元紀を選んだ理由は次の通りです。

 

『大前については三保でのトレーニングを見ていても、フィジカル練習は苦手なのかもしれない。しかし、回を重ねる毎に前向きにトライして、逃げない。もう一つは、初戦の前日にリスタートの練習をしたが、チームを2つに分けたときに5分間の雰囲気を見ていると彼がリーダーとして話をしていた。その態度を見て、やれるのではないのかと思った。チームとともに彼も成長して欲しいということで選んだ』


小林監督は、元紀の内面の強さを評価しているのだろうと感じました。

練習に向かう姿勢。

周囲との関わり。

そして、浩太や拓也を選ばなかった理由の裏返しとして、確定ではないにしろ、プレーヤーとして元紀にはピッチに立ち続けてもらいたいという期待を感じ取ることができます。



高校時代は、高校総体、全日本ユース、高校選手権の高校3大大会で得点王という輝かしい成績。

清水入団時も、年代別の代表合宿などがあり、一人だけ別枠での入団会見だったことを覚えています。

しかし、当時の健太体制のFW陣は層が厚く、入団から2年間はほとんど出場機会はありませんでした。

4年目と5年目はリーグ戦フル出場。

チームの中心選手となりました。

その後はドイツのデュッセルドルフに移籍しましたが、なかなか出場機会を得ることができず、わずか半年で清水へ復帰。

デュッセルドルフとの契約が残る中、期限付き移籍での復帰でした。


26歳。

酸いも甘いも含めて実に多くのことを経験してきました。

気づけば、彼の眼つきも随分と頼もしいものになりました。

J2降格という厳しい現実に向き合うことになった今、このタイミングでのキャプテン就任は、彼自身にとって大きな転機であると思うし、チームにとっても望ましいことだと思います。


副キャプテンに選ばれたのは西部と犬飼。


西部はチーム最年長の35歳。

初めて清水に入団したのは2004年。

2008年にはキャプテン和道のもとで副キャプテンを務めた経験もあり、チームの歴史を知る貴重な選手の一人です。

彼もまた、何度も挫折を味わっている選手。

2010年オフには、リーグ戦32試合に出場したのにも関わらず戦力外となるなど、チームから厳しい扱いを受けました。

それでも、湘南や川崎Fでさらに経験値を積み、今回チームのために戻ってきてくれました。

元紀との関係も長いものになります。

きっと新キャプテンを支えてくれるだろうし、ピッチ内外で頼れる"兄貴"になってくれると思います。


22歳の犬飼は、"若手枠"という捉えでいいのだろうと思います。

若手の多い今のチームを見たときに、その年代の声を拾い上げる選手の存在は重要だと思います。

ここには、小林監督の大きな期待を見ることができます。


年齢も、ポジションも、キャリアもそれぞれ異なる3人。

小林監督の思い描くチーム像が見えてくる人選だと思いました。

3人が結束してチームをリードするというよりは、3人がそれぞれの立場で多方向からチームに刺激を与えるような、そんなことを期待しているのではないかと思いました。

 

『彼らがチームを強くするのではなく、彼らを支えることによってチーム一丸となることが大事だと選手には伝えてある。ゲームキャプテンに関しては色々な選手にやってもらうことがあるという話をした。個人の意識を変われば、組織の底上げになればと思う


厳密には違いがありますが、大雑把にはフォロワーシップの考え方に近いのではないかと思います。

リーダーを小林監督と見ることもできるし、彼ら3人と見ることもできますが、要は一方的な指示系統ではなく、監督と選手、あるいは選手同士の間に相互的なやりとりが必要であるということです。


彼らを中心にチームの方向性を共有していくわけですが、そこには、周囲の選手たちが自発的に彼らに関わることが重要であると。

小林監督のコメントから、そんなことを読み取りました。


戦術やスキル以外の部分のマネジメントも、監督の大きな役割の一つです。

ゴトビ監督は、規律や環境整備によってそれをやろうとしました。

大榎監督は、選手の自主性を尊重しながらそれをやろうとしました。

田坂監督は再び規律をもってそれをやろうとしましたが、その頃にはすでにチームにおけるリーダーシップもフォロワーシップも崩壊寸前でした。

何が原因であったかということはここでは言及しませんが、ただ言えることは、チームがJ2に降格したことが単純にピッチ上のプレーだけに起因するものではないということです。


J2での厳しい戦いを勝ち抜いていくためには、チームの結束は欠かせません。

あまり認めたくないことですが、磐田がJ1に昇格したのは、名波監督によるマネジメントが非常に上手くいっていたことが理由の一つだろうと思います。

小林監督は、元紀がすべてを背負い込むようなチームを築くつもりはないでしょう。

澤登氏以来の10番キャプテン。

健太氏以来のFWキャプテン。

そういう点での期待はありますが、彼自身がどうよりも、彼を中心としたチームがどう成長していくのかに目を向けたいと思います。


 
1992 三浦 泰年
1993 三浦 泰年
1994 三浦 泰年
1995 長谷川 健太
1996 澤登 正朗
1997 澤登 正朗
1998 澤登 正朗
1999 澤登 正朗
2000 澤登 正朗
2001 伊東 輝悦
2002 伊東 輝悦(森岡 隆三)
2003 三都主 アレサンドロ(森岡 隆三・市川 大祐)
2004 森岡 隆三
2005 森岡 隆三
2006 山西 尊裕(高木 和道)
2007 山西 尊裕(高木 和道・兵働 昭弘)
2008 高木 和道(西部 洋平・兵働 昭弘)
2009 兵働 昭弘(児玉 新・岡崎 慎司)
2010 兵働 昭弘(児玉 新・岩下 敬輔)
2011 小野 伸二(高原 直泰・ボスナー)
2012 小野 伸二
2013 杉山 浩太
2014 杉山 浩太(本田 拓也※10月より)
2015 本田 拓也(長沢 駿・大前 元紀)
2016 大前 元紀(西部 洋平・犬飼 智也)
        ( )=副キャプテン


2016シーズンのキャプテンは誰に』(エスパルスキー 2016/1/16)
 
戦う集団へ 〜 新キャプテン、本田拓也』(エスパルスキー 2015/1/27)

キャプテンが帰ってきた』(エスパルスキー 2014/2/9)

キャプテンの系譜は杉山浩太へ』(エスパルスキー 2013/2/4)

2012キャプテンとPSMと開幕戦とスカパー!』(エスパルスキー 2012/1/17)

新キャプテン誕生』(エスパルスキー 2011/2/7)


攻撃のプログラム 〜 NYC 磐田戦@鴨池 後記』(エスパルスキー 2016/2/8)

3週間の積み重ね 〜 NYC 鹿児島戦@鴨池 雑記』(エスパルスキー 2016/2/4)

J2を共に戦う元清水戦士たち』(エスパルスキー 2016/2/2)


 
にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。

 
親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

 
一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)
 
ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、大前元紀、西部洋平、犬飼智也

at 00:19, macotobatten, 選手について

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://s-pulse-ki.jugem.jp/trackback/1256