<< Step by Step 〜 市川大祐のこれから | main | ビジョンと戦術とピッチ上の選手たち >>

11年ぶりのJリーグチャンピオンシップを眺める

JUGEMテーマ:清水エスパルス

11年ぶりに開催されているJリーグチャンピオンシップ。

今日は、その決勝の第1戦が行われました。


年間勝ち点1位の広島と年間勝ち点3位のG大阪。

G大阪を率いるのは健太監督であり、先発メンバーには駿の名前が。

今季7月に清水からG大阪に移籍した駿ですが、これまでに先発出場はなし。

この試合が初の先発出場でした。

その試合で、見事な先制ゴール。

相手のミスを見逃さず、一瞬のチャンスをしっかりと決めました。


試合は、執念を見せた広島が後半アディショナルタイムに逆転するという劇的な展開。

2-1とG大阪がリードする中で実況アナウンサーが「残り5分間。果たしてどんな5分間になるのか。」というようなことを言っていたのが印象的でした。

まさに、その残り5分間にドラマが待っていました。


地上波での全国放送。

しかし、おそらく視聴率はそれほど高くはなかったでしょう。

それでも、たまたまでもこの試合を見ていた人たちにとっては、サッカーの魅力を多少なりとも感じてもらえたのではないかと思います。

試合内容としては、ミスや退場などが試合展開に影響を与え、必ずしも締まった試合ではありませんでしたが、そこに溢れる"熱"は確かに画面を通じて伝わってきました。

こういった試合が毎週のように世間に披露されれば、Jリーグのあり方も変わってくるのだろうなと思いました。


そんな熱い試合だったわけですが、個人的には少し不思議な感覚で眺めていました。

そもそも、このような優勝を決めるような試合をゆっくりと自宅で観戦するという感覚がこれまでありませんでした。

天皇杯やカップ戦は除きますが、リーグ戦の終盤はだいたい清水の試合も同日同時刻開催が多く、現地にいることが多かったからです。

清水の選手たちがクラブとしての練習を終え、三保で自主トレーニングをしている中で、年間チャンピオンシップを決める試合が行われている。

何だか不思議な感覚です。


思えば、これまで自分たちのクラブのことで精一杯で、こうやって純粋にサッカー観戦を楽しむことがあまりなかったように思います。

特に今季は、シーズンを通してネガティブな想いを常に抱えていたように思います。

広島が逆転ゴールを決めた時、思わず声を上げてしまいました。

応援しているとかしていないとかは関係なく、ただ単純に目の前で起こったことに感情が揺さぶられました。

これが、もしも同時刻に清水の試合が行われていたら、こういった感情は生まれなかったでしょう。


そして、この試合を見て、この2クラブがこの舞台に立っていることの意味を理解しました。

今季の清水エスパルスが到底敵わなかった相手であったということを、改めて思い知りました。

今季の清水はこの2クラブに全敗しているわけで、当然といえば当然なのですが、今日のような試合が今季の清水にやれたかということを考えれば、できなかったでしょう。

力の差をはっきりと感じました。

今日の試合は、チャンピオンシップに相応しい試合でした。

例えミスや退場があったとはいえ、魂と魂がぶつかり合うような、素晴らしい試合だったと思います。

今季の清水に足りないかったものが、この2クラブには確かにありました。


TV越しに、遠目に眺めていたチャンピオンシップ。

カップ戦の決勝とも、天皇杯の決勝とも違う、リーグ戦の王者を決める戦い。

やはり、この舞台に立ちたいと思いました。


広島もG大阪も、J2降格を味わってから這い上がってきました。

今季、惜しくも最終節でチャンピオンシップ出場を逃したF東京も同じです。

いつか、この舞台へ。

必ず。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、

at 00:01, macotobatten, Jリーグ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://s-pulse-ki.jugem.jp/trackback/1232