<< 長居の風景(3/15) 〜 桜ならぬ | main | 喜びと悔しさ 〜 NC第1節 仙台戦@アイスタ 参戦後記 >>

あとに続け 〜 NC第1節 仙台戦@アイスタ 展望

JUGEMテーマ:清水エスパルス

ナビスコ杯第1節 清水エスパルス vs ベガルタ仙台 @IAIスタジアム日本平

2014/3/19(水) 19:00 KICK OFF

放送:

==========

下を向いている時間はありません。

19日(水)には、早くも次の戦いが待っています。


2014ヤマザキナビスコカップ。

リーグ戦とは、また少し違った、新しい戦い。

"タイトル"という大きな目標の一つとして。

そして、チームをより強化するためのチャンスとして。

結果と過程の両面を補完しながら、高みを目指していくことになります。


A組は、仙台・鹿島・F東京・清水・G大阪・神戸・鳥栖。

B組は、浦和・大宮・柏・甲府・新潟・名古屋・徳島。

可もなく不可もなくといった感じの組み分け。


「さあ、クラブ愛を競え。」

今季のナビスコ杯のスローガンのようです。

"クラブ愛"が何を指すのかはわかりませんが、どうしてもリーグ戦よりも観客動員が落ちる中で、"クラブ愛"をもったサポーターがどれだけ戦いの後押しができるかというのも、一つのポイントなのかもしれません。

また、リーグ戦の結果だけではなく、多くの若手が出場するであろうカップ戦においても、どれだけクラブとして、サポーターとして戦うことができるのかということも重要な要素だと思います。

リーグ戦で連敗している今だからこそ、"クラブ愛"をもって、チームをサポートしたいものです。


カップ戦といえば、ベストメンバー規定に注目が集まります。

今季からは、適用条件が変わりました。

これまでは、前の試合のメンバーが基準となっていましたが、今季からは「A契約選手と外国籍選手が6名以上が先発」という条件になりました。

これにより、条件は明確になりました。


日程が密になっている中での試合なので、メンバーを大きく変えてくる可能性が高いでしょう。

特に、リーグ戦で出番をもらえなかった善朗と翔太には注目が集まります。


善朗は、当初はトップ下の第一候補だったと思われますが、竹内にそのポジションを譲ることになってしまいました。

"ツインタワー"が一定の評価を受ける中で、出場の機会はさらに遠のいてしまいました。

しかし、オランダ1部でアシストを連発したその才能には期待が集まります。

俊幸との同時出場は微妙ですが、早く彼のプレーが見たいところです。


翔太はサテの練習試合でしっかり結果を出してきました。

石毛よりもさらに若い、日本の至宝。

162cmの小柄な体からそれだけのプレーを見せてくれるのか。

どこのポジションになるかはわかりませんが、先発での出場が大いに期待できます。


ベテラン勢では、純平に期待します。

GK以外はどこポジションもこなせるスーパーユーティリティーをもった選手。

ゴトビ体制でも、SB、ボランチ、トップ下と、幅広いポジションでプレーしています。

しかし、その多くはサテでの練習試合。

昨季の先発出場は、わずかに3試合でした。

最近はトップ下で存在感を見せているとのこと。

善朗や翔太とはポジションが重なるかもしれませんが、こちらも期待です。


この他、メンバー外が続いているキジェ、サテ組では"別格"の存在感を示す村田、U-22選抜組の高木和・弦太・加賀美らのプレーも楽しみです。

特に加賀美は、昨季は全くチャンスがなかっただけに、今季に懸ける想いは強いはず。

今季こそは、公式戦でその得点嗅覚を見せてもらいたいものです。


仙台のことには一切触れてないわけですが、正直なところ、よくわかりません。

互いにメンバーは大きく変えてくるでしょう。

仙台は監督も変わっていますので、果たしてそういった戦い方をしてくるのか。

リーグ戦では未勝利の仙台なので、勝利へのこだわりも強いはずです。


清水にとっても、それは同じ。

リーグ戦の嫌な流れを断ち切りたいし、カップ戦であっても、まずはホームで勝利を掴みたい。

昨季の竹内や櫛引がそうであったように、カップ戦で信頼を掴むことがリーグ戦の出場にもつながっていきます。


あとに続くのは、誰だ。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、ベガルタ仙台、IAIスタジアム日本平

at 00:56, macotobatten, 試合 展望

comments(4), trackbacks(0), - -

comment
Avilo, 2014/03/18 8:18 AM

あとに続くのではなく、先へ行ってほしい。

taka, 2014/03/18 8:43 PM

今は名も無きルーキーでも、3年後「あの時のメンバーはすごかった」と言われる活躍に期待します。

あと、ナビスコカップにおける清水エスパルスの強さが、過去のモノではない事を証明して欲しいです。
それは、グリコやJAL、そして今年からスポンサーになって頂いた多くの企業の支援に報いるためでもあります。

macotobatten, 2014/03/22 11:56 PM

>Aviloさん

先へ行ける選手。

そうですね。

ここからが始まり。

macotobatten, 2014/03/22 11:58 PM

>takaさん

善朗、金子にとっては、貴重なJ1デビュー戦になりましたね。
もう一度、決勝の舞台に立ち、今度こそ。










trackback
url:http://s-pulse-ki.jugem.jp/trackback/1065