J1昇格プレーオフを眺めて

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

【J1昇格プレーオフ 出場クラブ】

 松本山雅FC (年間3位、勝ち点84)

 セレッソ大阪 (年間4位、勝ち点78)

 京都サンガF.C. (年間5位、勝ち点69)

 ファジアーノ岡山 (年間6位、勝ち点65)

 

【J1昇格プレーオフ 準決勝】

 松本 1-2 岡山 (松本、12,200人)

 C大阪 1-1 京都 (金鳥スタ、13,922人)

 

【J1昇格プレーオフ 決勝】

 C大阪 1-0 岡山 (金鳥スタ、17,086人)

 

==========

 

3試合とも、冷たい雨が降る中での試合でした。

 

選手の涙、監督の涙、サポーターの涙。

 

うれし涙、くやし涙。

 

傍観者として見れば、実にドラマチックでエキサイティングな試合。

 

でも、そこに映る景色は当事者であったら全く別のものであったでしょう。

 

 

J1昇格の最後の1枠を勝ち取ったのはC大阪。

 

"逆転現象"が立て続けに発生したJ1チャンピオンシップとは対照的に、準決勝ではドローで京都を振り切り、今日の決勝でも岡山に勝利し、リーグ戦上位の力を示しました。

 

リーグ戦の終盤に差しかかって一時は失速し、自動昇格圏争いから脱落しました。

 

しかし、最後の3節は3連勝で締めくくり、プレーオフでも好調を維持しました。

 

その原動力となったのは、長期離脱から復帰したキャプテン柿谷であったと思います。

 

かつては"問題児"扱いされていた柿谷。

 

今日、J1昇格を決めた直後のインタビューで涙声ながらに喜びと感謝の気持ちを表現する彼の姿に、大きな成長を感じました。

 

彼の涙は、2週間前に清水の選手たちが徳島で流したそれと何ら変わるものではないでしょう。

 

大きなプレッシャーの中、悲願を成し遂げた者たちだけに許される喜びの涙です。

 

 

それにしても、プレーオフを戦わずに済んでよかったと思いました。

 

あんな胸が張り裂けるような緊張感はリーグ戦だけでこりごりです。

 

傍観者としてでもあれだけハラハラするのだから、当事者であったら…。

 

以前、小林監督が「(昇格プレーオフは)二度とやりたくない」と語っていました。

 

プレーオフからの昇格経験がある小林監督でさえ、いや、だからこそなのかもしれません。

 

その恐ろしさを肌で感じていたのだと思います。

 

 

そして、その恐ろしさを象徴するがごとく、リーグ戦3位だった松本があのような悲劇的な形で敗退しました。

 

「このまま行けば決勝進出」という状況でATを迎えましたが、一瞬の隙から昇格の権利が零れ落ちました。

 

 

以前に記事で書きましたが、個人的には松本に昇格してもらいたいと思っていました。

 

そう思っていたのは少数派だと思います。

 

清水サポーターにとっては嫌な印象が多々あり、相性も最悪。

 

同じカテゴリーで戦うことになれば苦労するのは間違いありません。

 

 

それでも、3位の松本にはしっかり勝ち上がってほしかった。

 

第40節の時点まで清水の上に居続けた松本。

 

ともに戦ってきたライバルでした。

 

もっとも、9月に直接対決で負けた次点で決着が着いてしまったと思った人も多かったと思いますが…。(自分もその一人です)

 

それでも、ただ勝つしかないとひたすらに戦い抜き、残り9試合を全勝し、最終盤に松本を振り切ることに成功しました。

 

2か月間、ずっとずっとあの緑色の背中を追い続けてきました。

 

そんな激しい昇格争いを繰り広げた相手が、もしもプレーオフであっさりと敗退してしまえば、これまでの自分たちの戦いまでも否定するような、そんな感覚に陥ってしまうのではと思いました。

 

紙一重で立場が入れ替わっていた可能性は十分にあったわけで、今となってはC大阪のように勝ち抜けることができたかどうか…。

 

松本の敗退から、自分たちの勝ち取ったものがいかに尊いものであったのかを思い知らされました。

 

 

4クラブの激しい戦いを見ていると、やはりプレーオフの難しさを感じました。

 

松本は近いうちに再びJ1に昇格してくるクラブと考えて間違いないでしょう。

 

嫌な相手ではありますが、今度こそ返り討ちにしたいものです。

 

その時までに、J1でしっかりとレベルアップしなければなりません。

 

 

これで、2017シーズンを戦うJ1クラブが揃いました。

 

いきなり上位争いをするのは難しいでしょう。

 

それでも、チャンピオンシップを戦った浦和、川崎F、鹿島を相手にどこまでやれるのか楽しみにしています。

 

悲観する必要も、自分たちを卑下する必要もないと思っています。

 

同じカテゴリーで戦うクラブ同士、堂々と戦えばそれなりの結果が出るだろうと思います。

 

そのための強化や成長は、クラブや監督、選手たちが成し遂げてくれるでしょう。

 

 

今からワクワクしています。

 

 

J2は地獄だったのか』(エスパルスキー 2016/11/29)

 

優勝はしたかったけれど』(エスパルスキー 2016/11/22)

 

戻るべき場所へ 〜 J2第42節 徳島戦@鳴門大塚 後記』(エスパルスキー 2016/11/21)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、

at 21:59, macotobatten, Jリーグ

comments(0), trackbacks(0), - -

2016シーズンを戦うライバルたち

JUGEMテーマ:清水エスパルス

《明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ》

11/28(土)14:00@埼玉 浦和 1-3 G大阪

12/2(水)19:30@万博 G大阪 2-3 広島

12/5(土)19:30@Eスタ 広島 1-1 G大阪

《2015Jリーグ ROAD TO J1 プレーオフ》

11/29(日)15:35@レベスタ 福岡 1-0 長崎

11/29(日)15:35@ヤンマー C大阪 0-0 愛媛

12/6(日)15:37@ヤンマー 福岡 1-1 C大阪

《J2・J3入れ替え戦》

11/29(日)12:33@町田 町田 2-1 大分

12/6(日)12:30@大銀ド 大分 0-1 町田


清水エスパルスが来季をJ2で戦うということが決まってから、およそ1か月半。

J1の年間王者、そしてJ2とJ3で来季を戦うクラブの面々が決まりました。(J3のセカンドチーム参戦を除く)

既にオフに突入している清水と比べれば、この時期までサッカーを楽しめることは羨ましいことですが、いわゆる"天国と地獄"を分けるような戦いでもあり、複雑な心境にもなります。


来季はできれば今季の大宮のように早々とJ1昇格を決めたいものですが、そんなに甘いものではないというのは、今回のJ2の戦いを見れば明白です。


J2では資金力で抜け出ていたC大阪は、あと一歩のところで福岡に及ばず、来季もJ2で戦うことが決まりました。

清水が昇格争いを演じるという前提で考えれば、第一のライバルになる可能性は高いでしょう。

恐ろしいほどの相性の悪さも気になるところです。


清水が今季勝利をすることができなかった松本。

最後まで最下位の座を譲り合うことになった山形。

この両チームは、監督が留任。

来季も継続的なチームづくりが行われるでしょう。

大きな戦力ダウンがなければ、来季も清水にとっての脅威となります。


かつてともにJ1で戦ったクラブとしては、千葉、札幌、東京V、京都、徳島、横浜FCがライバルとなります。

これらのクラブは必ずしも毎シーズン上位にいるわけではありませんが、一度J1を経験しているクラブは一度ハマれば快進撃を続けます。

今季の福岡、昨季の山形が良い例だといえます。

対戦を懐かしんでいる場合ではないでしょう。


また、今回のプレーオフにも出場した愛媛、長崎、そしてJ1ライセンス取得となる見込みの北九州も、近年上昇中のクラブ。

愛媛に期限付き移籍中の3選手の去就が気になりますが、J1へのチャレンジ魂の勢いに飲み込まれるわけにはいきません。


そして、2013年は中国リーグ、2014年はJFL、2015年はJ3と驚異的なペースでカテゴリーを昇り続けているのがレノファ山口。

今季も36試合で96得点という破壊力抜群の攻撃力でJ3を制覇し、J2の舞台への切符を手にしました。

このクラブがJ2でも快進撃を見せるのか。

注目されるところであるし、清水にとっても簡単な相手ではないでしょう。


J3で2位だった町田が大分との入れ替え戦で2連勝を収めていることからも、もはやカテゴリー間の大きな力の差がないことがわかります。

初めてのJ2での戦いとなる清水エスパルス。

大宮のように、一年でのJ1復帰を果たすのか。

それとも大分のようになるのか…。

"魔境"と呼ばれるJ2での戦いがどうなるのか、全くわかりません。


4年ぶりにJ2復帰を果たした町田の市長が、クラブにメッセージを送りました。

そのメッセージの中には、次のような一節が。


来年のJ2には、あの清水エスパルスがいます。
エスパルスの地元、清水も我が町田と同じく、少年サッカーの"まち"と知られています。
かつてFC町田としてしのぎを削った相手、清水FCのふるさとです。
不思議な縁を感じますが、同時に「負けたくない」という強い想いもあります。


おそらく、すべてのクラブがこういった気持ちで戦いを挑んでくるでしょう。

過去のキャリアなど通用しない、厳しい戦いが待っています。

そういう中で、堂々と戦う姿、熱く戦う姿を見たいものです。


《2016シーズン J1リーグ》
ベガルタ仙台
鹿島アントラーズ
大宮アルディージャ
浦和レッズ
柏レイソル
FC東京
川崎フロンターレ
横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ
ヴァンフォーレ甲府
アルビレックス新潟
ジュビロ磐田
名古屋グランパス
ガンバ大阪
ヴィッセル神戸
サンフレッチェ広島
アビスパ福岡
サガン鳥栖

《2016シーズン J2リーグ》
コンサドーレ札幌
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
ザスパクサツ群馬
ジェフユナイテッド千葉
東京ヴェルディ
町田ゼルビア
横浜FC
松本山雅FC
ツエーゲン金沢
清水エスパルス
FC岐阜
京都サンガF.C.
セレッソ大阪
ファジアーノ岡山
レノファ山口FC
カマタマーレ讃岐
徳島ヴォルティス
愛媛FC
ギラヴァンツ北九州
V・ファーレン長崎
ロアッソ熊本

《2016シーズン J3リーグ》
グルージャ盛岡
ブラウブリッツ秋田
福島ユナイテッドFC
栃木SC
Y.S.C.C.横浜
SC相模原
AC長野パルセイロ
カターレ富山
藤枝MYFC
ガイナーレ鳥取
大分トリニータ
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球
※J1・J2クラブのセカンドチームが最大4チーム参戦






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、

at 23:17, macotobatten, Jリーグ

comments(1), trackbacks(0), - -

11年ぶりのJリーグチャンピオンシップを眺める

JUGEMテーマ:清水エスパルス

11年ぶりに開催されているJリーグチャンピオンシップ。

今日は、その決勝の第1戦が行われました。


年間勝ち点1位の広島と年間勝ち点3位のG大阪。

G大阪を率いるのは健太監督であり、先発メンバーには駿の名前が。

今季7月に清水からG大阪に移籍した駿ですが、これまでに先発出場はなし。

この試合が初の先発出場でした。

その試合で、見事な先制ゴール。

相手のミスを見逃さず、一瞬のチャンスをしっかりと決めました。


試合は、執念を見せた広島が後半アディショナルタイムに逆転するという劇的な展開。

2-1とG大阪がリードする中で実況アナウンサーが「残り5分間。果たしてどんな5分間になるのか。」というようなことを言っていたのが印象的でした。

まさに、その残り5分間にドラマが待っていました。


地上波での全国放送。

しかし、おそらく視聴率はそれほど高くはなかったでしょう。

それでも、たまたまでもこの試合を見ていた人たちにとっては、サッカーの魅力を多少なりとも感じてもらえたのではないかと思います。

試合内容としては、ミスや退場などが試合展開に影響を与え、必ずしも締まった試合ではありませんでしたが、そこに溢れる"熱"は確かに画面を通じて伝わってきました。

こういった試合が毎週のように世間に披露されれば、Jリーグのあり方も変わってくるのだろうなと思いました。


そんな熱い試合だったわけですが、個人的には少し不思議な感覚で眺めていました。

そもそも、このような優勝を決めるような試合をゆっくりと自宅で観戦するという感覚がこれまでありませんでした。

天皇杯やカップ戦は除きますが、リーグ戦の終盤はだいたい清水の試合も同日同時刻開催が多く、現地にいることが多かったからです。

清水の選手たちがクラブとしての練習を終え、三保で自主トレーニングをしている中で、年間チャンピオンシップを決める試合が行われている。

何だか不思議な感覚です。


思えば、これまで自分たちのクラブのことで精一杯で、こうやって純粋にサッカー観戦を楽しむことがあまりなかったように思います。

特に今季は、シーズンを通してネガティブな想いを常に抱えていたように思います。

広島が逆転ゴールを決めた時、思わず声を上げてしまいました。

応援しているとかしていないとかは関係なく、ただ単純に目の前で起こったことに感情が揺さぶられました。

これが、もしも同時刻に清水の試合が行われていたら、こういった感情は生まれなかったでしょう。


そして、この試合を見て、この2クラブがこの舞台に立っていることの意味を理解しました。

今季の清水エスパルスが到底敵わなかった相手であったということを、改めて思い知りました。

今季の清水はこの2クラブに全敗しているわけで、当然といえば当然なのですが、今日のような試合が今季の清水にやれたかということを考えれば、できなかったでしょう。

力の差をはっきりと感じました。

今日の試合は、チャンピオンシップに相応しい試合でした。

例えミスや退場があったとはいえ、魂と魂がぶつかり合うような、素晴らしい試合だったと思います。

今季の清水に足りないかったものが、この2クラブには確かにありました。


TV越しに、遠目に眺めていたチャンピオンシップ。

カップ戦の決勝とも、天皇杯の決勝とも違う、リーグ戦の王者を決める戦い。

やはり、この舞台に立ちたいと思いました。


広島もG大阪も、J2降格を味わってから這い上がってきました。

今季、惜しくも最終節でチャンピオンシップ出場を逃したF東京も同じです。

いつか、この舞台へ。

必ず。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、

at 00:01, macotobatten, Jリーグ

comments(0), trackbacks(0), - -

緑色の脅威

JUGEMテーマ:清水エスパルス



次節の松本戦では、東スタンド2階が全て松本サポーターで埋め尽くされることになりそうです。

ビジター側のチケットも完売。

ホーム側2階自由席や1階自由席も完売。

小学生の招待もあるようですが、おそらく1階にも多くの緑色のユニフォームを身に着けたサポーターが押し寄せるのだろうと思います。

東スタンドが全てアウェーサポーターで埋まるというのは、最近は記憶がありません。

いつぞやの浦和戦がそうだったでしょうか。

トラブルが発生してからは浦和戦はエコパで開催されるようになりましたので、本当に久しぶりに"アウェーサポーター一色のアウェー側スタンド"になるといえます。

(最近は残念ながらダービーでも半分ほどしかアウェーサポーターが入りませんでしたので…)


前節には、クラブ史上初のJ1でのホーム戦が開催された松本。

初のJ1昇格に加え、サポーターの一体感と強力な動員力が知られているクラブということで、各TV番組でも大きく取り上げられていました。

17,091人。

過去最多の入場者数だったといわれてる昨季J2第42節水戸戦の18,496人を上回ることはありませんでしたが、その動員力は計り知れません。


松本のクラブ公式サイトでわかる範囲内で、過去のシーズンホーム開幕戦の入場者数を調べてみました。

2010/03/21 JFL前期第2節 ソニー仙台FC戦…5,496人

2011/04/24 JFL前期第7節 ブラウブリッツ秋田戦…6,319人
  ※東日本大震災による変則日程

2012/03/11 J2第2節 モンテディオ山形戦…13,098人

2013/03/17 J2第3節 ロアッソ熊本戦…12,959人

2014/03/16 J2第3節 V・ファーレン長崎戦…14,048人

2015/03/14 J1第2節 サンフレッチェ広島戦…17,091人

着実に階段を上り続けていることがわかります。


2004年には北信越リーグ2部に所属していたクラブ。

天皇杯で浦和を撃破したのは2009年ですが、今でも記憶に新しいと感じると同時に、そこからの快進撃の凄まじさにも驚かされます。


昨季のJ1昇格を決めた瞬間の映像を見て、あることを思いました。

こういった瞬間は、オリジナル10にはなかったと。

Jリーグ参入が決まったのは、何かのリーグ戦を勝ち抜いたわけではありませんでした。

そもそも、当時はチームが発足したばかりでした。

いわゆる下積みのようなものはなかったわけで、サポーターの規模も、徐々に拡大していったというよりは、今思えば最大ボリュームの中でスタートを切った感があります。


オリジナル10であることには誇りのようなものをもってはいますが、松本のように這い上がりながら徐々にその規模を膨らめていったクラブには、オリジナル10にはない何かがあるように思います。

それは、きっと結束を固くするでしょうし、また質の異なる"誇り"が生まれるだろうと思います。


2015シーズン、山雅旋風が起ころうとしています。

今のところは、そのサポーターの動員力がその旋風の大部分を占めています。

リーグ開幕戦となった豊田スタジアムでの名古屋戦では、昨季に同様に開幕戦を戦った清水のサポーター数をはるかに上回る1万人以上が詰めかけたのだとか。

あの広大なゴール裏スタンドの、その2階までもがびっしりと埋まった光景は圧巻でした。

あれほどのことをアイスタでやられることを想像すると、ゾッとするような思いがします。


しかし、それはただの"脅威"ではなく、大きなチャンスなのだと思います。

J1に上がってきたばかりのクラブに負けるわけにはいきません。

松本の方も、J1初勝利をめざして意気揚々とぶつかってくるでしょう。

そうやって、スタジアムが盛り上がればいいし、こういったことが各スタジアムで起こることを考えれば、リーグ全体にとっても大きな意味のあることだと思います。


サポーター仲間の方が、「オレンジ(みかん)と緑(お茶)」という表現をしていました。

静岡人にとって、身に沁みついている色の組み合わせです。

それはそれで、きっと美しい光景なんだろうなと思います。

そして、そう思うと同時に、絶対に"ジャック"されてはならないとも思います。

古巣対決となる駿や犬飼も、随分と気合が入っているようです。

アルウィンでの17,091人を上回る入場者数になると思われます。

リーグ戦を熱いものにしてくれるのであれば、大量動員は大歓迎です。

ホームサポーターとしては、それを跳ね除ける応援で迎え撃ちたいものです。


こちらを確認して、選手たちを後押ししましょう。
↓↓↓↓




忘れてはいけない』(2015/3/11)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、松本山雅FC

at 22:55, macotobatten, Jリーグ

comments(0), trackbacks(0), - -

無観客試合を前に思うこと

JUGEMテーマ:清水エスパルス

Jリーグ史上初の無観客試合ということで、注目が集まっています。









スポーツ紙だけではなく、TVワイドショーもこぞって取り上げています。

清水について触れられることはほとんどないわけですが、清水としてはただ勝利を目指して戦うのみ。


今日は、非公開練習ながら、クラブからの計らいもあり、選手とサポーターが顔を合わせる機会がありました。

おいらは行けませんでしたが、きっとサポーターの想いは選手に届いたであろうし、例えこういった機会がなかったとしても、勇敢な清水の戦士たちは堂々と戦ってきてくれるはずです。


ゴトビ監督からサポーターへのメッセージがありました。

以下は、さかたさんが文章におこしてくださったもの。

「明日は皆さんがいなくてさびしいが我々の心の中にいる。最後のひとけりまで全力で闘う。ここにいる選手達が皆さんに喜んでもらえるよう頑張る。我々の団結力を見せてくる。サッカーだけでベストになるのではなく、人間性を問われた時我々の団結力を示してきたい。」



ここ以外の場面でも、ゴトビ監督はこの"無観客試合"についての想いを様々な場面で語っています。

その中には、あの"核兵器断幕"の件も。

ゴトビ監督には、もう二度とこのことについて語らせたくはありませんでした。

しかし、彼の言葉からは、あの事件を冷静に受け止め、紳士的に処理してくれたことが伺えます。

同じ日本人として、本当に申し訳ない気持ちです。


今回の件については、やはり"浦和目線"の記事が圧倒的に多い印象があります。












正直なところ、違和感や苛立ちを感じる記事も多数あります。

冒頭に貼った記事の中にも"事実と異なる記事"があることを、竹内社長が語ったのだとか。

マスコミの報道は、「この無観客試合をいかに煽るか」に偏重しています。

本来語られるべきは、なぜこのような事態になったのかということ。

そして、その再発防止のために浦和をはじめとする各クラブ、Jリーグ、そしてサポーター個々がどうするべきなのかということ。

その部分が置き去りにされたまま、ただ単にこの"注目すべき試合"を煽ることだけが盛んに行われています。


浦和が横断幕やゲーフラの掲出を禁止したところで、それは根本的な解決にはなりません。

老若男女、だれでもスタジアムでの観戦を楽しめること。

それがJリーグの理念の一つ。

そこに、偏見や差別があってはならないし、それが人種的・民族的なことに由来するものであればなおさらです。

今回の断幕について、「外国人が観戦することで応援の統制がとれない」ことがその掲出の理由なのだとか。

実に軽率で幼稚な判断基準です。


また、様々な事情で報道であまり扱われていない部分も忘れてはなりません。

今回の「外国人」が一体どの外国人を指しているのか。

この断幕が出される前にその伏線があったことを、多くのサッカーファンは知っています。

「JAPANESE ONLY」が独り歩きしてはいないか。

…その前に、「無観客試合」が相当に独り歩きしているわけですが。


例え浦和が勝ったとして、そこでTVに向かって凱歌を歌うなど、とんでもない話です。

多くの浦和サポーターにおいても、選手たちにおいても、この無観客試合は"とばっちり"なのかもしれません。

それは、当然清水サポータにとっても。

しかし、あくまでこの試合は"制裁による無観客試合"。

清水が勝ったとしても、それは悲しいものでしかありません。

勝利の喜びはあると思いますが、その後には虚しさがこみ上げてくるでしょう。


昨日の記事で「"美談"にすべきは、浦和ではなく清水。」と書きました。

しかし、後でそうではないと悟りました。

清水が勝とうが、浦和が勝とうが、この"失態"は決して美談になることはないということに気付きました。

ただ、清水が勝って、この不名誉な物語を締めくくるのみ。

そこから先は、Jリーグ全体が前を向いて取り組んでいかねばならないでしょう。


わがクラブを愛し、Jリーグを愛するサポーターは、マスコミの煽りに流されることなく、この無観客試合にしっかりと向き合うべきだと思います。

もう二度と、こんな景色を生み出してはいけない、と。


そして、決して忘れてはならないこと。

それは、ピッチ上では「サッカー」が行われるということ。

選手たちのプレーの一つ一つにしっかりと目を向け、「サッカー」を楽しむということ。

異様な雰囲気になるとは思いますが、「サッカー」を「サッカー」として、いつものように楽しみたいと思います。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、浦和レッズ、埼玉スタジアム2002

at 23:26, macotobatten, Jリーグ

comments(1), trackbacks(0), - -