何が「正解」だったのか

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

年間シート購入者対象の限定イベントも三保での応援感謝デーも終わりました。

 

自分はどちらも行けなかったのですが…。

 

これで今季の選手たちの「活動」も終了となり、いよいよ完全なオフシーズンに突入します。

 

すでに、監督解任を始めとして、契約満了のリリースや新加入の情報などが出されています。

 

寂しさと期待感が入り混じる時期がやってきたなあと感じています。

 

 

また、地元新聞や地元スポーツ番組では、今季の清水エスパルスを振り返る特集が組まれました。

 

J1残留に安堵するも、その内容の多くは課題を提起するものでした。

 

中には、チームの雰囲気に関するもの、練習環境やメディカル体制に関するものなど、気になるものも散見されました。

 

そして、これらのうちのいくつかは、選手の言葉であったということが、とてもショックでした。

 

内情を知るわけでないので、記事や放送から想像するしかありません。

 

まだ次期監督も決まっていない状態ではありますが、フロント、スタッフ、選手それぞれがしっかり話し合って、2018シーズンに備えてほしいと切に思います。

 

 

8勝10分16敗。

 

得点36、失点54。

 

「8勝もしていたのか」

 

というのが、この成績を眺めての率直な感想です。

 

第1節〜第17節 4勝6分7敗。

 

第18節〜第34節 4勝4分9敗。

 

数字で見ると、前半戦と後半戦に大きな違いはありません。

 

しかし、印象としては、後半戦の方が苦しかったという印象が残っています。

 

じわじわと順位を落とし、残留争いが佳境に入る中で、精神的なストレスを抱えながらの戦いだったからでしょうか。

 

5試合連続無得点、そしてホーム7連敗…。

 

さらにこの時期は雨の中での戦いが多く、メンタル的にもキツイ時期でした。

 

 

最後まで好転の機会を得ることができないシーズンでした。

 

昨季でいえば、最終節までの怒涛の9連勝がありました。

 

松本での敗戦を糧に、そこからチームのギアがぐっと上がりました。

 

テセと元紀の活躍も、そこにはありました。

 

今季は、シーズンを戦えば戦うほど、「ジリ貧」となっていきました。

 

 

シーズンの中で「好調」という言葉が紙面に踊ったのは、広島と新潟に連勝した後の、第3節あたりだけだったのではないかと思います。

 

さらにいえば、第4節のホーム鹿島戦で、2-0とリードしていた時点まで、となるでしょうか。

 

2-0からの逆転負け。

 

チームが自信を得るか失うか、という点でいえば、あの鹿島戦は悪い意味でのターニングポイントになってしまったように思います。

 

多くのサポーターが待ちわびていた、2015年5月以来のホームでのJ1勝利。

 

あの試合でそれを逃したことも大きかったと思います。

 

結局、その後5試合のホーム戦でも勝つことができず、第16節の甲府戦まで待たねばなりませんでした。

 

 

そして、本来であれば第33節のホーム新潟戦で決めるべきであったJ1残留。

 

あの試合もまた、2-0からの逆転負けでした。

 

こちらの状況も相手の状況も異なりますが、この2試合を重ねてみた時、今季のチームがJ1を戦う中で積み上げてきたものの小ささに寂しさを覚えました。

 

 

連勝は、第2節から第3節の2連勝のみ。

 

いずれも苦手としていた「鬼門」での勝利でしたが、後から振り返れば、広島も新潟も「最悪の状態」だったわけです。

 

この2試合から得たものが、もしかしたら「自信」ではなく「油断」だったのかもしれません。

 

甲府戦を皮切りにホーム3連勝を飾ったものの、その後は悪夢のホーム7連敗。

 

結局、その後ホームでは勝てないままにシーズンを終えることとなりました。

 

 

一つ一つの試合は、あくまで34分の1の試合ですが、その一つ一つは確かにつながっていて、影響を与えるものです。

 

2017シーズンの清水は、一つ一つの試合をつなげていくことができませんでした。

 

また今度触れたいと思っていますが、ホームとアウェーでの極端な戦績の差も、その要因であったように思います。

 

ホームで勝てば、アウェーで勝てない。

 

アウェーで善戦しても、ホームでは勝てない。

 

結局、自分たちが自信をもてるスタイルというものを確立することができませんでした。

 

2017年の清水エスパルスにとって、一体何が「正解」なのか。

 

その答えを探しているうちに、気がつけば残留争いの渦中にいて、最後にしがみつくような形で残留を決めた。

 

そんなシーズンでした。

 

 

このオフの間に「正解」を見つけることはできませんが、その礎をしっかりと築き、自信をもって戦い抜けるチームづくりをすすめてほしいものです。

 

 

2年間のありがとう』(エスパルスキー 2017/12/07)

 

J1昇格プレーオフを眺めて』(エスパルスキー 2016/12/04)

 

J2は地獄だったのか』(エスパルスキー 2016/11/29)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、

 

at 22:46, macotobatten, クラブについて

comments(2), trackbacks(0), - -

2年間のありがとう

 

早いもので、あれから1年が経ちました。

 

いや、経ってしまったと言った方が適切かもしれません。

 

2016年12月4日を最後にほったらかしにしてしまったこのブログ。

 

これまで更新しなかった理由(言い訳)は軽く10個くらいは浮かんできます。

 

そして、それなのにこうしてPCに向かっている理由もまた、10個くらい浮かびます。

 

それほどに、いろいろと考えた1年間でしたが、そのあたりはまたぼちぼちと書きたいと思います。

 

 

小林 伸二監督 契約解除のお知らせ』(清水エスパルス公式 2017/12/05)

 

「厳しい2年間だった」退任の小林監督が会見 J1清水』(静岡新聞SBS 2017/12/06)

 

J1清水、小林監督の契約解除』(静岡新聞SBS 2017/12/05)

 

 

このブログを始めて、監督が退任するのはこれで5人目になります。

 

シーズンでいえば7シーズンと少しになるわけですが、シーズンを通していい想いばかりだったという年はありません。

 

どちらかといえば、悔しい想いや悲しい想いの方が多かったような。

 

特に、ここ数年はそうでした。

 

 

最も沈んでいたのは、やはり2015シーズンの終盤。

 

あの頃は、チームを見ているのがとても辛かった。

 

 

あのバラバラだったチームをリスタートさせてくれたのが、小林監督でした。

 

 

「勝負師というより教育者」

 

数日前の新聞記事にも使われたこの表現。

 

多くのサポーターが頷いたのかもしれません。

 

勝負師でなかったかどうかはともかく、若手・ベテランを問わず、とにかく選手に張りついて指導するのが好きな監督でした。

 

特に、航也に対して何度も何度もボールを受けてターンしてからのシュート練習をさせていたのが印象的でした。

 

今季でいえば、ホームC大阪戦で決めたゴールがそれに近いでしょうか。

 

J2に降格し、自身を失っていた選手たちにとって、一からしっかりと技術を指導し、じっくりとチーム作りをすすめる小林監督はフィットしたようにも見えました。

 

 

J2での戦いは簡単なものではありませんでしたが、最後に9連勝した姿は、もしかしたらチームとしての一つの完成形であったのかもしれません。

 

チームの一体感。

 

2015年シーズンには見失っていたものを、取り戻すことができたように思いました。

 

それは、J1という舞台を取り戻したということだけではなく、もっと大事な何かであったと思います。

 

 

だから、今季への期待も大きなものがありました。

 

1年前に書いた前回の記事からも、当時の自分の期待が垣間見えます。

 

その期待に応えるシーズンであったかといえば、残念ながらYESとはいえません。

 

 

多数の怪我人が出たことの影響がどれほどのものであったかはわかりません。

 

そして、それが完全に不運な出来事だったのか、トレーニングに問題があったのか、メディカル体制に問題があったのかも、素人には判断はできません。

 

確かなことは、今季のチームにそういった状況下での適応力がなかったということ。

 

その象徴的な試合が、奇しくもホーム最終戦の新潟戦だったと言わざるを得ません。

 

ピッチ上での対応、ベンチワークによる対応。

 

あの試合だけではなく、シーズンを通して、清水エスパルスの弱点となっていました。

 

 

小林監督の解任について、そのあたりの限界を感じたのは自分だけではないかもしれません。

 

もう一度今季のメンバーでシーズンを戦う姿を見てみたい、とは思っても、それはもう実現することはできません。

 

シーズンが変われば、選手も入れ替わる。

 

 

今季学んだことは、一定数の怪我やアクシデントを織り込んだマネジメントができなければ、J1で生き残ることは難しいということ。

 

来季のチームには、逆境を乗り越えるたくましさを期待したいと思います。

 

 

小林監督に対しては、相当に厳しい批判も聞こえてきます。

 

ホーム最終戦セレモニーの野次だけではありません。

 

でも、自分はこれまでの監督に対してそうであったように、まずは感謝の気持ちを伝えたいです。

 

そもそも、あんな状態の清水エスパルスによく来てくれた、と。

 

初のJ2降格。

 

絶対に1年でJ1復帰。

 

そして、あえてこの言葉を使えば、「サッカー王国」という独特の風土。

 

決して大金が積まれたわけではなく、圧倒的な戦力があったかといえば、そうでもない。

 

それでも、清水に来てくれました。

 

「もの好きな人だなあ」と思ったのが正直なところです。

 

 

小林監督本人が言うように、「厳しい2年間」でした。

 

これから清水エスパルスが30年、40年と歴史を積み重ねていった時に、決してフォーカスされる2年間ではないでしょう。

 

でも、それ以上に厳しい状態であったチームを立て直し、サッカーの楽しさを教えてくれたのは間違いありません。

 

 

勝てないから、と非難するのは簡単だけど、自分はこれまで清水エスパルスを応援してきて、チームの評価はそれだけではないと思うようになりました。

 

選手たちは勝利のために走り続けるけれど、サポーターは勝利だけに感動するのではありません。

 

勝てば嬉しいし、負ければ悔しい。

 

悔しさの多かったシーズンではあったけれど、そこにはしっかり感動がありました。

 

ギリギリのところで、壁を乗り越えるチームを見ることができました。

 

2年前のチームができなかったことです。

 

 

神戸戦の日。

 

仕事で都内へ行っていた自分は、ちょうど帰静のタイミングが選手たちと同じであることを知り、20分ほど静岡駅で待つことにしました。

 

新幹線構内だったので、周りには自分しかいませんでしたが、拍手を送った自分に深々と頭を下げたのは小林監督でした。

 

 

オフシーズンをはさみ、チームは新たな体制のもとでリスタートを切ります。

 

でも、それは2年前のようなほぼゼロからのリスタートではなく、小林監督が残した財産を引き継いでのリスタートです。

 

2年間の感謝を胸に、これからのチームのステップアップを見守りたいと思います。

 

 

小林伸二新監督就任 〜 期待感と安堵感』(エスパルスキー 2015/11/26)

 

二度目の「やるしかない」 〜 大榎監督辞任を受けて』(エスパルスキー 2015/8/3)

 

ゴトビ監督解任の報を受けて』(エスパルスキー 2014/7/30)

 

健太監督退任の一報を受けて』(エスパルスキー 2010/10/31)

 

 

J1昇格プレーオフを眺めて』(エスパルスキー 2016/12/04)

 

J2は地獄だったのか』(エスパルスキー 2016/11/29)

 

優勝はしたかったけれど』(エスパルスキー 2016/11/22)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、小林伸二

at 00:13, macotobatten, クラブについて

comments(6), trackbacks(0), - -

J2は地獄だったのか

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

昨年の10月17日。

 

J2降格が決まった時、大きな悲しみに包まれたことは間違いありません。

 

悔しかったし、寂しかったし、辛かったことを覚えています。

 

そして、今季の最終節、徳島戦でJ1昇格を決めた瞬間は、最高の瞬間でした。

 

中継の録画を見ては涙し、ローカル番組の特集を見ては涙し…。

 

この1年、J1に昇格することだけを考えて、清水エスパルスを応援してきました。

 

 

J2で戦うことを全くイメージできなかった一年前。

 

オリジナル10と言われ、サッカー王国と言われ、その後に続くJ2清水エスパルスというフレーズ。

 

「あの清水エスパルスが」と言われるたびに、何とも複雑な想いが込み上げました。

 

でも、自分の中ではしっかりと整理がついていました。

 

あの時の清水エスパルスは、落ちるべくして落ちたのだと。

 

2014シーズンに辛うじて残留を決めたものの、翌シーズンはそれ以上に低迷。

 

神様が与えてくれたチャンスを生かすことはできず、残り3試合を残してJ2への降格が決まりました。

 

 

未知の世界だったJ2。

 

屈辱と言われたステージ。

 

でも、そのJ2で戦った2016シーズンは、清水にとって地獄のシーズンだったのでしょうか。

 

 

今思えば、もがき苦しんだ2014シーズン、2015シーズンの方が、よほど辛いシーズンでした。

 

それは、1年でJ1への復帰を決めたからでも、84の勝ち点を積み上げたからでも、ないと思います。

 

あの2年間、チームはボロボロと崩れていき、サッカーの楽しさというものを見失っていました。

 

選手たちは自信を失い、消極的なプレーがさらなるミスを生み…。

 

ただただ、目の前の壁に向かって体当たりするだけの日々。

 

体はどんどんボロボロになり、痛みだけが積み重なっていきました。

 

 

この1年、小林監督のもとでチームは見事に再生を果たしました。

 

カテゴリーが違うとはいえ、2014シーズン、2015シーズンのいずれのチームと比べても、今季のチームの方が魅力あるチームであると思います。

 

もしも対戦したなら、今季のチームが圧倒的に強いだろうと思います。

 

 

今季、そういったチームの成長を見ることができたことが、シーズンを通してサッカーを楽しめた一番の要因だと思います。

 

若手とベテランの融合、組織的な守備と連動した攻撃、そして何よりも選手たちの笑顔。

 

ここ2年間に見ることのできなかったものを数多く見ることができました。

 

 

結局は、J1に昇格できたからそう言えるではないのか。

 

いや、そうではないとはっきり言えます。

 

例え、あと一歩2位に届かず、POでも敗退したとしても、それで2016シーズンの清水エスパルスを否定することはなかったでしょう。

 

それは、自分の心を震わせてくれたチームがそこにあったから。

 

もちろん、J1昇格が叶ったことは大きなことですが、そうでなかったとしても、今季の清水エスパルスには感謝の気持ちを抱いていたでしょう。

 

 

J2で様々な経験を積むことができたことも、貴重なことでした。

 

自分はほんのわずかしかアウェー遠征に行くことはできませんでしたが、これまで行ったことのないスタジアムのことは、サポーター仲間から聞くことができました。

 

また、スカパーの中継を見るだけでも、それぞれのスタジアムの雰囲気は伝わってきました。

 

Jリーグ発足時には10クラブしかなかったものが、今はこれだけの地域に広がっている。

 

そして、それぞれが着実にその土台を築き、サッカー文化として根を張り始めている。

 

そのことを感じることのできたシーズンでした。

 

これは、J1を見ているだけでは知ることのできないことです。

 

残留争いに追われるように過ごしたシーズンに比べれば、J2での2016シーズンは実に充実したシーズンでした。

 

 

しかし、自分たちの居場所はここではない、とも感じました。

 

めざすべきところは、やはりJ1であり、その頂点であると思いました。

 

ホームアイスタでも、1万人を割る試合が何度かありました。

 

メディアにおける露出は、J2になって明らかに減少しました。

 

もう一度、満員のアイスタが見たい。

 

東スタンドにも、ぎっしりとアウェーサポーターが入り、互いに張り合うような応援をしたい。

 

そして、あのギスギスしたダービーの雰囲気も恋しくなってきた頃です。

 

 

この1年間は、クラブにとって、チームにとって、サポーターにとって、決してマイナスではありませんでした。

 

多くの経験値を与えてくれたし、このシーズンをバネにしてもう一度頂点をめざす機会を手に入れることができました。

 

"J2の沼"に嵌ることなく、来季に再びJ1でチャレンジができるということを、感謝したいと思います。

 

小林監督、左伴社長、コーチ陣、クラブスタッフ、そして選手たちのおかげです。

 

 

優勝はしたかったけれど』(エスパルスキー 2016/11/22)

 

戻るべき場所へ 〜 J2第42節 徳島戦@鳴門大塚 後記』(エスパルスキー 2016/11/21)

 

ラストダンス 〜 J2第41節 岡山戦@アイスタ 後記』(エスパルスキー 2016/11/14)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、

at 00:03, macotobatten, クラブについて

comments(0), trackbacks(0), - -

優勝はしたかったけれど

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

85 札幌(+32)

84 清水(+48) 松本(+30)

 

42試合を戦ってきて、最終的に勝ち点差1の中に3チームが固まるという激しい上位争いとなった今季のJ2リーグ。

 

最終節を迎えた時点で、3チームともに優勝、2位、3位の可能性が残されていました。

 

清水にとっては、徳島に勝利して自動昇格を決めることに加え、あわよくば優勝を、ということも頭の隅にあったのは否定できません。

 

 

「優勝」という言葉を使い続けていたのは元紀でした。

 

大ケガをした時、そして復帰した時、いずれも首位の札幌とは随分と離されていましたが、それでも「優勝をめざす」と公言していました。

 

自分も含め、多くのサポーターが「優勝は厳しい」と思っていたのが正直なところです。

 

 

アルウィンで松本に敗れた第33節終了の時点での勝ち点は、札幌が73、清水が57。

 

残り9試合にして、その差は16。

 

しかし、その後の清水は見事に9連勝を果たし、最終的には勝ち点差1まで詰め寄ることになりました。

 

勝ち点差が残り試合数を上回ると追いつくのは厳しいと言われていますが、追いつくには至らなかったとはいえ、その常識を大きく覆す結果を残しました。

 

 

J2でも2位。

 

シルバーコレクターと呼ばれる清水ですが、ここでまた一つ2位の勲章が増えました。

 

でも、それもいいのではと思います。

 

もちろん、優勝したかったのが本音です。

 

シーズン開幕前からその目標を掲げていたし、J1での戦いを見据えた時に、やはりJ2では圧倒してゴールを迎えたかったと思います。

 

(賞金の差額1000万円も惜しいところ…)

 

でも、その悔しさよりも何百倍も、J1に戻ることを決めてくれたことが嬉しかったし、価値のあることだと思っています。

 

何よりも、毎試合毎試合ワクワクさせてくれるサッカーを見せてくれたこと。

 

これまでの鬱憤を晴らすとともに、これからのクラブの未来に希望をもたせてくれました。

 

 

届かなかった勝ち点1は、やはり札幌との直接対決に連敗したということで、受け入れるしかありません。

 

そのリベンジは、来季にJ1の舞台で晴らせばいいのです。

 

さらには、左伴社長の挨拶文にもあったように、J1での戦いを見据えた戦い方を積み上げてきた今のチームが、果たしてどれだけやってくれるのかを楽しみにしたいと思います。

 

J1昇格がゴールではないということ、さらにめざすところがあるということを、来季に見せてくれると信じています。

 

 

次の週末にはJ1昇格プレーオフが行われます。

 

3位の松本と6位の岡山、4位のC大阪と5位の京都が対戦します。

 

自動昇格を決めたからこそ、冷静に迎えることができますが、小林監督が「二度とやりたくない」と言っていたように、戦うチームにとっては厳しい試合になります。

 

賛否両論あると思いますが、個人的には3位の松本に上がってきてほしいと思っています。

 

昨季も含めて、未だに勝つことができていない相手。

 

次の対戦でしっかりと勝たなければいけない相手だと思うし、勝ちたい相手でもあります。

 

同じ勝ち点84を積み上げたライバルとして、ぜひとも勝ち上がってほしいと思います。

 

(ただし、チームの勢いとしては柿谷の復帰したC大阪が優位とは思いますが…)

 

 

戻るべき場所へ 〜 J2第42節 徳島戦@鳴門大塚 後記』(エスパルスキー 2016/11/21)

 

ラストダンス 〜 J2第41節 岡山戦@アイスタ 後記』(エスパルスキー 2016/11/14)

 

もう一度ここへ 〜 天皇杯4回戦 G大阪戦@吹田S 参戦後記』(エスパルスキー 2016/11/11)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、

at 22:17, macotobatten, クラブについて

comments(0), trackbacks(0), - -

町田との対戦を前に

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

あれから4か月。

 

9月11日の山形戦でピッチに帰ってきた元紀は、前節にはあの試合以来の先発出場を果たし、80分間プレーしました。

 

 

あの負傷から4カ月。町田戦に臨む大前元紀が見据えるのは勝ち点3のみ』(ELGOLAZO 2016/10/5)

 

「サッカーができる体に戻ったし、もう気にしていない」

 

元紀のこの言葉にホッとしました。

 

それほどに、あの瞬間はショックであったし、心の中がグチャグチャになっていました。

 

愚かな勘違いから、恥ずかしい記事まで書いてしまいました。

 

「あいつもうダメ」は撤回』(エスパルスキー 2016/6/12)

元紀のケガ 〜 悲しさと虚しさ』(エスパルスキー 2016/6/10)

 

 

「次に対戦するときに彼に対して特別な感情をもつことはないと思います」

 

あの時に書いたこの想いは、今も変わりありません。

 

むしろ、あの時以上に、今はあのことはどうでもいいと思っています。

 

今は、元紀が生き生きとプレーしていることに感謝するのみです。

 

 

あの試合での町田のラフプレーに嫌悪感を抱いたことに間違いはありません。

 

元紀の件がなくても、それは変わらないでしょう。

 

でも、今は何をすることが元紀にとって最善なのか、ということを考えたいと思います。

 

ブーイングがその最善の方法だとは思いません。

 

いや、それどころか、それが元紀のプレーの後押しになるとは到底思えません。

 

また同じようにラフなプレーが見られれば、その時にはそれなりの反応をすればいいとは思いますが、試合開始前からそういった雰囲気を出すことには賛成できません。

 

 

「周囲がいたずらに騒ぎ立てることは両選手にとって本意ではないだろう」

 

エルゴラの田中氏が敢えてこういった記事を書いたのは、そういったことを危惧してのことだろうと思います。

 

 

この試合でサポーターがやるべきことは、相手に対する憎しみのブーイングではなく、「いつもどおり」のサポートをすることなのだと思います。

 

「元紀の復帰戦のように彼の横断幕を出したらどうか」

 

そんなことも考えましたが、果たしてそれが元紀のプレーの後押しになるかといえば、むしろ足を引っ張ることになるのではと思いました。

 

「サッカーができる体に戻ったし、もう気にしていない」

 

この言葉が全てを示しています。

 

いつもどおりでいいと思います。

 

ただ、元紀のコールやチャントの際には、そのありったけの想いをぶつけて大声を出せばいいと。

 

元紀が気持ちよくプレーできる雰囲気をつくってほしいと思います。

 

そこには、町田に対する憎しみや遺恨のようなものは不要です。

 

 

自分は仕事のためにアイスタへ参戦することができません。

 

試合当日は都内にいますが、いつもどおりに念を送りたいと思います。

 

 

「あいつもうダメ」は撤回』(エスパルスキー 2016/6/12)

元紀のケガ 〜 悲しさと虚しさ』(エスパルスキー 2016/6/10)

辛抱の勝利 〜 J2第17節 町田戦@町田 後記』(エスパルスキー 2016/6/8)

 

 

天皇杯を戦う意味』(エスパルスキー 2016/10/4)

 

悔しさを払拭して 〜 J2第34節 C大阪戦@長居 後記』(2016/10/2)

 

右サイドの緊急事態』(エスパルスキー 2016/9/29)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、大前元紀

at 23:06, macotobatten, クラブについて

comments(0), trackbacks(0), - -