クラブの総合プロデューサー

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

久米一正氏 ゼネラルマネージャー就任のお知らせ』(清水エスパルス公式 2017/12/13)

 

懐かしい方がクラブに戻ることになりました。

 

 

経歴は公式リリースの通り。

 

Jクラブとしては柏、清水、名古屋を渡り歩き、チームの強化を中心に幅広い役職を務めてきました。

 

名古屋では、ピクシー体制のもとで「黄金期」を創り上げたのが記憶に新しいところです。

 

柏でもタイトル獲得に関わっていますが、残念ながら清水にいた2003年から2007年は…。

 

 

それでも、清水での功績は非常に大きなものであったと認識しています。

 

この時期の清水は、大きな世代交代の時期を迎えており、2005年には降格の危機に。

 

その危機を乗り越えたのは、枝村、青山、兵働ら新人選手の活躍でした。

 

そして、彼らの獲得に関わったのが久米氏でした。

 

同じ2005年加入組には、岡崎や平岡が。

 

その後も、拓也、淳吾など、高卒・大卒の有望な選手が次々と加入しました。

 

タイトル獲得こそなりませんでしたが、健太体制のもと、「準黄金期」と言ってもいいくらいの充実した時期であったと思っています。

 

 

「ゼネラルマネージャー(GM)」

 

清水エスパルスとしては、初めて置くポジションということになるでしょうか。

 

「ゼネラル」とは「全体の」、「マネージャー」とは「管理者」。

 

要するに、クラブを総合的にまとめる立場。

 

GMの定義は明確ではありませんが、基本的には監督よりも上の立場にあり、移籍加入による強化に限らず、選手の管理体制、マーケティングなど、様々な角度からクラブをとりまとめるのがGMだと考えられます。

 

今季、清水は「スポーツダイレクター(SD)」として原氏を就任させていましたが、それよりも大きな権限をもつポジションになります。

 

GMは、いわば総合プロデューサーのような存在といっていいのではと思います。

 

 

今季当初、小林監督は「9位以内」を目標に掲げました。

 

しかし、クラブが一丸となってその目標に向かって突き進んでいたのでしょうか。

 

選手の補強についても、現場とフロントがどうも噛み合っていないような印象を受けました。

 

「優勝」を掲げて降格したあのシーズンよりはよかったのかもしれませんが、今季も紙一重のシーズンであったことに変わりはありません。

 

シーズン終了後にも、選手たちからクラブとしての方向性について、疑問視ともとれるコメントが複数出されていることも気になっています。

 

今回の久米GMの就任によって、このあたりの整理をつけるとともに、J1で戦い抜く強固なクラブ体制を築いてほしいと思います。

 

 

原氏の去就もネットでは話題になっていましたが、このタイミングで発表がないということは、SDを置きつつ久米GMを置く、ということになるのでしょう。

 

原氏の「実績」には様々な評価がありますが、海外でのコネクションは貴重なものということで、個人的には久米氏とタッグを組む形がよいのではと思っています。

 

久米氏の本領は国内で発揮されるという話も聞かれますので、それぞれの長所を生かした強化策を模索してほしいものです。

 

 

ただ、総合プロデューサーは決まったものの、肝心の監督は未定のまま。

 

J1という舞台があり、久米GMという総合プロデューサーが就任。

 

歌の歌い手となる選手たちの契約更改はこれからですが、おそらく多くの選手はチームに残ってくれるでしょう。

 

あとは、作詞作曲者。

 

監督を含めたコーチ陣です。

 

南米方面の大物監督の名前がちらっと噂に上りましたが、期待は薄いと感じています。

 

果たして…。

 

 

市川大祐引退試合 豪華メンバーが集う』(エスパルスキー 2017/12/11)

 

何が「正解」だったのか』(エスパルスキー 2017/12/10)

 

2年間のありがとう』(エスパルスキー 2017/12/07)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、久米一正

at 23:22, macotobatten, 補強・育成

comments(0), trackbacks(0), - -

徐々に見える来季の体制…89年組の去就は

JUGEMテーマ:清水エスパルス

今オフより、公式サイトにおいて契約更改した選手が公表されています。

この時期の選手の去就は例年不透明な部分であり、特に今オフはJ2へ戦いの場が移されるということで、一層気になるところです。


契約更新選手のお知らせ(12月17日)』(清水エスパルス公式 2015/12/17)

澤田崇、高木和徹、水谷拓磨、宮本航汰、北川航也


契約更新選手のお知らせ(12月18日)』(清水エスパルス公式 2015/12/18)

杉山浩太、鄭大世


契約更新選手のお知らせ(12月21日)』(清水エスパルス公式 2015/12/21)

ミッチェルデューク、白崎凌兵


契約更新選手のお知らせ(12月23日)』(清水エスパルス公式 2015/12/23)

六平光成


以上に加えて、新加入としてリリースがされている選手が次の4人です。

西部洋平、角田誠、福村貴幸、光崎伸

栃木より期限付き移籍満了のリリースが出されている金子についても、現時点では清水に籍が戻っているということになると思います。


以前からこういったリリースを出していたクラブはありましたが、来季に向けた体制が見えるということは、非常にありがたいことです。

契約更新に関するリリースが出されるたびに、ツイッターやブログなどで該当する選手たちが取り上げられています。

また、白崎のように、報道によって他クラブからのオファーを断ったことが明らかになるケースもありました。

白崎に対するサポーターの想いも一層深まったように思います。

選手にとってもサポーターにとっても、こういった形で"見える化"されるのはいいことだと思います。


ただ、その一方で当然なかなかリリースされない選手が気になるというのもサポーターの心情。

ネット上では、やはり元紀に対する不安が多く見られます。

彼を含めたある年代の選手たちの契約更新のリリースが、未だに出されていません。

大前元紀、河井陽介、村松大輔、八反田康平、鎌田翔雅、内田健太

いわゆる、89年組。

かつて、クラブでも公式にイベントが組まれたこともあります。

彼らのうち、内田は愛媛への完全移籍が発表されています。

元紀と翔雅は来季も契約が残っており、残りの選手は今オフで契約が切れます。


元紀は少し前に神戸が獲得するのではという報道がされました。

しかし、その後は情報がなく、信ぴょう性は高いとはいえません。

これまでの実績を見ても、チームに残ってほしい選手の一人ですが、今季の終盤にはスタメンを外れることもあり、もしもJ1クラブからの誘いがあれば、本人も悩むことになるでしょう。


同じく契約が残っている翔雅は、今季終盤に出場機会を得ました。

気持ちの入った積極的なプレーが印象に残っています。

降格が決まった後の悔しそうな表情が忘れられません。

貴重なSBを任せられる選手。

J2での経験も豊富なので、ぜひとも来季も清水のユニフォームを着てほしいものです。


契約が切れる選手は、他クラブからオファーがない方が不思議だと言ってもいいのかもしれません。

八反田は今季15試合に出場。

うち14試合が先発出場でした。

チームの状況によって起用のされ方がガラッと変わるなど、不運な面もありました。

昨季の仙台への期限付き移籍では結果を残せませんでしたが、守備に対する意識が随分とか高まったように感じました。

1stステージ第2節で記録したスプリント数44という数字は、結局シーズンを終えた中でも全体で2位という結果となりました。


大輔の今季の出場は、わずかに3試合。

彼が出場した1stステージ第8節から第10節は、いずれもドロー。

彼が外れた次の神戸戦でチームは10試合ぶりの勝利を上げ、その後に田坂監督になってからは完全に出場機会を失ってしまいました。

今季の彼がトップで戦える状態になかったのか、それとも戦術上の事情であったのかはわかりません。

しかし、かつてはA代表の候補にも入り、ロンドン五輪のメンバーにチームで唯一選ばれていた選手なのでまだまだ期待したいところです。

昨季に徳島へ期限付き移籍した際には、当時の小林監督のもとで主力としてプレーもしています。

今後の去就を見守りたいと思います。


そして、最後が河井。

昨季までの3シーズンで94試合に出場した彼が、今季はわずか13試合。

不本意なシーズンであったと思います。

これまでにトップ下、両SH、両SB、ボランチ…時にはFWも務めました。

いわゆる"サッカー脳"がある選手で、ゴトビ監督に重宝されたことからも、監督の指示をしっかりと自分のプレーに落とし込める選手と言えるでしょう。

指示に忠実にプレーする要素と自分で判断してプレーする要素のバランスが非常にいい選手だと思います。

契約が切れる彼をどのクラブもリストアップしないことはないはずです。

今季は、コメントの内容も頼もしいものになってきたように感じます。

これまでピッチにいるのが当たり前の立場でしたが、今季はベンチあるいはスタンドからチームを見つめることが多くありました。

2015シーズンの清水エスパルスは、彼の目にどんな風に映っていたのか。

来季も彼の"気の利いた"プレーを見たいものです。







八反田康平の出番』(2012/9/29)







にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、大前元紀、河井陽介、内田健太、八反田康平、村松大輔、鎌田翔雅

at 22:49, macotobatten, 補強・育成

comments(0), trackbacks(0), - -

2015Jリーグ最優秀育成クラブ賞の受賞

JUGEMテーマ:清水エスパルス

ベストイレブンやフェアプレー賞に縁がないことはわかっていましたが、この賞の受賞は予想していませんでした。

というより、この賞の存在自体を忘れていたのが正直なところです。

「2015Jリーグ最優秀育成クラブ賞」受賞のお知らせ』(清水エスパルス公式 2015/12/8) 



クラブのリリースによれば、「Jクラブにおける選手育成の実績と、選手育成に携わる指導者の功績を讃えるもの」とされています。

過去の受賞クラブは、2009年浦和、2010年FC東京、2011年東京V、2012年札幌、2013年C大阪、2014年東京Vとなっています。

ここ数年の清水は、育成組織から昇格したばかりの選手の多くがプロ1年目から公式戦の出場を果たしていますが、必ずしもそれが成果として表れているとは言い難いところがあります。

「育成」と言われても、正直なところピンと来ない部分もあります。

少なくとも、トップチームの中では「育成」がうまくいっているとは言えないでしょう。


しかし、この賞を下部組織による育成に対したものであるとすれば、すんなりと受け入れることができます。

ユースチームの戦績でいえば、ここ数年のチーム成績は素晴らしいものでした。

2008年、大榎監督のもとで再出発をした時には東海プリンスリーグ2部だったチームが、プレミアリーグで優勝争いをするまでになりました。

今季も、平岡監督のもとでプレミアリーグEASTで6位という成績を収めています。

これで、2011シーズン以来6年連続でプレミアリーグでの戦いが続くこととなりました。

成績が不安定になりがちなユース年代で、これほど安定した成績を残すには、組織的な育成体制が整っている必要があります。

大榎氏がユースの監督を退任してからの成績が不安視されていましたが、選手たちは逞しく戦い続けています。

ユースチームは今季の戦いを終えました。

今後の進路はさまざまだと思いますが、これまでの経験を大事にして、新たな舞台で活躍してほしいと思います。

(このままトップ昇格はないのでしょうか…。)


受賞についてのクラブのリリースでは、ユースチームの写真だけではなく、小学生年代の写真も掲載されていました。

育成とは、その年代の成績だけで評価されるものではないでしょう。

クラブの公式サイトには育成に対するクラブの理念が示されています。


今年4月には小学生年代にあたるジュニアチームが創設されました。

こういった新たなとりくみが評価されたのかもしれません。


また、清水エスパルスといえば、県内各地で展開しているスクール事業でしょう。

エスパルスサッカースクール理念』(清水エスパルス公式)

育成組織がトップチームで活躍する選手を育てることに重きを置いているとすれば、スクールはそうではなく、より多くの子どもたちにサッカーの楽しさを伝え広めていくといったところでしょうか。

その中でも、浩太、石毛、拓磨、航汰らがスクール出身なのだとか。

3歳の息子も、スクールのパンフレットを見て、やりたいと言っています。

あと少しで年中クラスに入れるのですが、どうなることやら…。


クラブのサイトにはスタッフによる「育成だより」が掲載されています。

育成だより』(清水エスパルス公式)

試合の結果ではなく、選手たち一人一人を大事にしたブログです。

また、清水エスパルスの育成組織が育てようとしているものがサッカーの技術だけではないということがわかります。

育成組織の選手たちは、様々な体験活動を通して、人としても立派に成長しているのだろうと思います。


今季の新体制発表会見で、クラブは「育成型クラブ」という言葉を使って清水の今後の"ビジョン"を示しました。

プロサッカークラブの本来の目的・役割は、単に優勝をめざすだけではなく、様々な形を通して地域に貢献することであろうと思います。

それが、巡り巡ってクラブの力になるでしょう。

それは、選手としてかもしれないし、サポーターとしてかもしれないし、スポンサーとしてかもしれません。

クラブとしての育成が評価されるということは、クラブの理念そのものが評価されていると言ってもいいのではないでしょうか。













にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、清水エスパルスユース

at 00:23, macotobatten, 補強・育成

comments(1), trackbacks(0), - -

打開へ 〜 ピーターウタカとミッチェル・デューク

JUGEMテーマ:清水エスパルス

1月17日の新体制発表記者会見での、大榎監督の"外国籍選手2人"発言から3週間余り。

報道等により、ようやくその姿が見えてきました。



元豪代表FWの24歳・デューク獲得へ』(スポーツ報知 2015/2/10) 

FWウタカ獲得へ 元ナイジェリア代表』(静岡新聞SBS 2015/2/9)





"ドーハの悲劇"によって、日本代表のW杯初出場が叶わなかった、1994年のW杯アメリカ大会。

日本代表の代わりに注目していたのが、スーパーイーグルスと呼ばれていたナイジェリア代表でした。

W杯初出場にして、ベスト16入り。

それまでのサッカー界にはなかった、抜きん出たフィジカルを生かした、まるでサーカスのようなサッカー。

それは、まさにアフリカ旋風と呼ぶに相応しいもので、当時のおいらを魅了しました。

それ以降、サッカーゲームでカスタマイズするチームの中心は、常にアフリカ系の選手たちでした。

これからのサッカー界は、彼らアフリカ系が中心となる時代が来るのだろうと、そんな風に思っていました。

しかしその後のアフリカ勢に成績は、当時のインパクトを上回るには至っていません。


Jリーグにも、かつてはエムボマというスペシャルな選手が登場しましたが、アフリカ系の選手として有名となったのは彼くらいだと思います。

有望な選手はつながりの深い欧州へ流れるという形が主流だといえます。


まさか、このタイミングでアフリカ系、しかもナイジェリア出身の選手が清水に加入することになるとは。

今の清水にどうこうという以前に、かつての個人的な"アフリカ熱"を再発させるような、嬉しい出来事です。

すでに鹿児島キャンプに合流し、あとはメディカルチェックと本契約を残すのみとのこと。

おそらくニューイヤーカップには出場できないと思いますが、開幕前にはそれ以外にも多数の対外試合が組まれていますので、連係面での準備も大丈夫でしょう。


動画サイトで、彼の過去のプレーを見ました。

Perter "The King" UTAKA』(You Tube)


一番の印象は、どんな体制でもシュートを放てるということ。

そして、高いシュート意識。

ゴール前では、余程のことがない限り、シュートを選択。

体勢が崩れようが、パスが乱れようが、しっかりと足元にボールをとらえ、鋭いシュートを放っていました。

そして、GKやDFと対峙しても、実に冷静。

右でも左でも、高い精度のシュートを放つことができ、頭でのゴールも多い印象を受けました。

高さを生かしたヘディングではなく、効果的なポジショニングと瞬時の判断によるものが多いと感じました。

おそらく、1トップのCFもしくは2トップの一角となるでしょう。

彼がゴールを決めるまでのフローチャートを描きながら攻撃の形を組み立てていくことになると思います。

そして、その過程で、駿や元紀、あるいはもう一つ下のポジションからの攻撃に幅が生まれれば、大榎監督の理想のサッカーに近づくことになるでしょう。

ここ2試合の実戦では見えてこなかった攻撃のイメージ。

彼の加入により、攻撃陣を取り巻く景色は大きく変わることになるでしょう。


2013シーズンまでのキャリアは文句なし。

まさに点取り屋であり、今季の大榎体制が渇望していた「怖さのあるFW」にまさに当てはまる選手。

敢えて気になる点を挙げれば、2014シーズンにはゴールが激減している点と、北京国安からレンタルに出されている点です。

ただ、だからこそ、今回は移籍金なしでの獲得のようなので、ここまでの段階では、フロントは期待の持てる働きをしたと思っていいのではと思います。

性格の問題もなさそうなので、あとはコンディションを上げ、"劣化"していないことを示してくれればと思います。

ここにきて、「本物」が来たと、そう思いたいものです。


もう一人のミッチェル・デュークについても、オーストラリア代表の経験があるということで、フロントもかなり力を注いだであろうことがうかがえます。

MITCHEL DUKE GOALS』(You Tube)

タイプとしては、高さを加えたブロスケといったところでしょうか。

前線に張るのではなく、トップ下やサイドからチャンスを作ったり、裏から飛び出したりするプレーが多い印象です。

中央、または左サイドが主戦場でしょうか。

24歳ということで、これからがキャリアのピーク。

清水でさらにプレーの質を高めてくれれば、こちらも随分と強力な補強だといえるでしょう。


これまでの清水には見られなかった、かなり大胆な補強。

保有選手数自体も増えているので、人件費としてはかなり無理をしているはず。

それでも、中途半端で弱気な補強はさらなる財政難を生むということなのでしょう。

この強気の補強が、これまでの清水が抜けるに抜け出せなかった"一線"を抜け出すきっかけになるかもしれません。


ダービーには敗戦しましたが、平岡、キャラ、ヤコヴィッチ、駿、河井らが復帰すれば、今回の2選手と合わせ、かなりの充実した戦力になります。

いざ、打開へ。

陣容が見え、期待感は高まります。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、ピーターウタカ、ミッチェル・デューク

at 00:40, macotobatten, 補強・育成

comments(1), trackbacks(0), - -

レンタル組に示された道は

JUGEMテーマ:清水エスパルス

今週になってペースダウンはしましたが、来季の体制に向けてのリリースが続いています。

そのうち、大量に抱えているレンタル組に関するものは…。




26試合、1,886分間、2得点。

途中出場もあり、スタメンとして定着したわけではありませんが、彼のキャリアの中では最も充実したシーズンだったのではないでしょうか。

清水では、苦い想いも味わいました。

あの退場は、一つの大きなターニングポイントになったのかもしれません。

彼の笑顔を、もっとアイスタのピッチで観たかったです。

残念ですが、若いDF陣が充実しつつある清水にとって、彼との契約を終了させる選択が第一ということなのだと思います。


得意のツイッターでは、清水サポーターに向けてのメッセージも残してくれています。

「20歳の頃からお世話になり、このチームを離れるのが不思議な気持ちです。大学生の頃から僕はエスパルスと共にありましたし、キャリアをスタートさせたのもエスパルスです。チャンスを活かせなかったのがすごく悔しい。自分にとっては、清水はずっと特別な場所であり、特別なチームです。」

このタイミングで岐阜への移籍が決まったということは、かなり早い段階から声がかかっていただろうし、彼のプレーを評価してくれているのだと思います。

そのキャラクターは、"チームの顔"になれるものだと思います。

いつか、J1の舞台で対戦するのを楽しみにしています。


姜成浩選手 契約満了のお知らせ』(清水エスパルス公式)

6試合、178分間、0得点。

京都、東京V、そしてJ3の金沢でも、十分な出場機会を得ることはできず。

東京Vでは副キャプテンを務めていたように記憶していますが、現実は厳しいものでした。

清水でも、公式戦の出場はわずか8試合に留まりました。

大分で2年間主力として活躍したそのプレーを、オレンジのユニフォームで見せることはできませんでした。

日本で育ち、ずっと日本でプレーしてきた選手ですので、今後も国内で活躍の場を見つけることでしょう。

その姿を見守っていきたいと思います。

金沢の方では正式なリリースがまだないので、このまま完全移籍となる可能性もありますが…。


鍋田亜人夢選手 契約満了のお知らせ』(清水エスパルス公式)


8試合、313分間、0得点。

こちらも非常に残念な結果となりました。

ゴール裏にとっては、特別な存在でもありました。

"走れるレフティ"として、大きな可能性をもった選手だったと思いますが、4年間のプロキャリアでゴールを挙げることができなかったことが悔やまれます。

ユースでも、トップチームでも、大きなケガに見舞われた選手でした。

清水でのデビューは、2011年5月3日のホーム広島戦でした。

同じ日に清水でデビューを果たした俊幸とは、その後の道が大きく分かれました。

契約延長をしなかった清水が悔やむほどの活躍を、来季は見せてほしいものです。

23歳。

まだまだ。


彼ら以外にも、レンタル組が数多くいるわけですが、今のところの清水側の正式なリリースはなし。

例年通りであれば、年明けの発表になるのかもしれません。

ほとんどの選手が、一度は清水に戻る形になりそうですが…。



3試合、78分間、0得点。



16試合、1,143分間、1得点。



11試合、341分間、1得点。



15試合、1,330分間、0得点。


犬飼智也:42試合、3,780分間、6得点

白崎凌兵:37試合、2,865分間、1得点

内田健太:30試合、2,462分間、1得点


この3名は、いずれもチームの核となって活躍した選手たち。

彼らに関するリリースは、いまだにありません。

特に、犬飼はJ1昇格の原動力と言ってもいい活躍ぶり。

松本としては、何としてもチームに残したいでしょう。

一方の清水の方も、レンタル先でこれ以上ない活躍を見せた彼を手放す選択肢などないでしょう。

できれば、恩師の元でさらなる飛躍をしてほしいものです。

白崎と内田については、チームの成績が犬飼とは対照的でした。

来季はJ3で戦うという選択はないと思われるので、清水に戻るか、他クラブに再レンタルかということになるでしょう。


そして、もはやスポーツ紙の記事にも登場しなかった彼は…。

枝村匠馬:(名古屋)14試合、885分間、0得点、(神戸)11試合、656分間、0得点






八反田康平の出番』(2012/9/29)





俊幸と亜人夢と竹内』(2011/10/12)




高木俊幸として輝け』(2014/12/13)



にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、

at 23:39, macotobatten, 補強・育成

comments(0), trackbacks(0), - -