J1ガンバ大阪に挑む

JUGEMテーマ:清水エスパルス

 

「またG大阪か」

 

4回戦の対戦カードが決まった瞬間に頭に浮かんだのはこの言葉でした。

 

 

2年前の2014シーズン。

 

辛うじて最終節でJ1残留を決めたシーズンでした。

 

その最終節甲府戦の10日前。

 

今回と同じように、リーグ戦を2試合残して迎えたのはG大阪との準決勝。

 

国立競技場解体に伴ってのイレギュラーな日程となったこのシーズンでしたが、決勝の舞台まであと1勝というところまで勝ち上がっていました。

 

しかし、天皇杯決勝の舞台よりも優先すべきだったのは、J1残留でした。

 

平均年齢21.5歳で挑んだあの試合。

 

試合開始早々に宇佐美とパトリックに得点を許しましたが、すぐに加賀美と善朗のゴールで追いつきました。

 

最終的には2-5で敗れましたが、清水エスパルスの未来に期待を抱かせる試合でした。

 

 

あの試合に先発出場していたのは、弦太、石毛、村田、金子など。

 

今回は弦太の出場はないと思いますが、他の3選手はおそらく出場となるでしょう。

 

今はあの頃よりもはるかにチーム状態は良好。

 

彼らの経験値も豊富になっています。

 

リベンジに期待します。

 

 

この時に大ケガから復帰したばかりだった駿はベンチにいました。

 

その駿が、今度はG大阪の選手として清水の前に立ちふさがるようです。

 

G大阪長沢「ゴール取る」古巣清水戦へメラメラ』(nikkansports.com 2016/11/8)

 

 

本来であれば、今のベストなメンバーでG大阪と戦いたかったと思っています。

 

リーグ戦では7連勝中。

 

もちろん運も味方していますが、今のチームの勢いと実力は本物です。

 

苦い思い出ばかりだった2014シーズン、2015シーズンに比べれば、今の清水の方がはるかにレベルの高いサッカーをしているでしょう。

 

そんな今の清水が、今季J1年間4位のG大阪にどこまで戦えるのか、見てみたかったです。

 

 

既にリーグ戦が終了しているG大阪の方は、メンバーを入れ替える理由がありません。

 

天皇杯3連覇に向け、この試合に全力を注いでくることでしょう。

 

リーグ戦の先発メンバーはおろか、ベンチ組でさえ帯同をためらうような状況の清水にとっては、非常に厳しい試合になるはずです。

 

この試合の後は、中2日でホーム最終戦となる岡山戦。

 

昇格をかけた戦いです。

 

この天皇杯4回戦は、これまでに出場機会の少なかった選手たちに活躍してもらうしかありません。

 

 

決して、捨て試合だとは思っていません。

 

監督も選手も同じはずです。

 

厳しい試合になるという覚悟をもちつつも、勝利のために全力を尽くすはずです。

 

ケガ人の多かった今季。

 

それでも、代わって入る選手が見事に活躍し、その穴を感じさせませんでした。

 

今季の清水の強さの要因は、誰が出てもチームとしてのサッカーがブレないということです。

 

この試合もまた、その強さを示す絶好の機会です。

 

 

平日アウェーのナイトゲームということで、観客動員も厳しいとは思いますが、2年前と同様に、クラブの未来に期待がもてる試合にしてほしいものです。

 

そして、当然勝利を期待したいと思います。

 

 

リーグ戦の参戦はなかなかできない状況ですが、明日の試合は参戦予定です。

 

初の吹田スタジアムを満喫しつつ、今の清水エスパルスのチームとしての一体感を味わってきたいと思います。

 

 

天皇杯を戦う意味』(エスパルスキー 2016/10/4)

 

J2クラブとしての天皇杯』(エスパルスキー 2016/8/25)

 

天皇杯決勝に想う』(2016/1/2)

 

 

向かい風、追い風 〜 J2第40節 讃岐戦@ピカスタ 後記』(エスパルスキー 2016/11/7)

 

理想の展開と予想外の展開 〜 J2第38節 群馬戦@正田スタ 後記』(エスパルスキー 2016/10/31)

 

輝く2トップ 〜 J2第36節 金沢戦@石川西部 後記』(エスパルスキー 2016/10/17)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten

関連:清水エスパルス、ガンバ大阪

at 22:31, macotobatten, 試合 展望

comments(0), trackbacks(0), - -

「再出発」へ

JUGEMテーマ:清水エスパルス

2015シーズンのホーム最終戦。

ここのところ6シーズン連続で、最終節はホームで迎えていました。

今季は、残り2試合のアウェー戦を残してのホーム最終戦。

天皇杯ももうありません。

10月のうちにホームでの最終戦を迎えるのは、クラブ史上初めてでしょう。


ただ、あまり大きな違和感は抱いていません。

前節で来季をJ2で戦うことが確定してからは、メディアでは今季を締めくくるような検証記事が続きました。

シーズンの大半を"残留争い"に費やしてきた今季の清水にとって、前節の仙台戦は事実上の最終節でした。


第15節の柏戦をどう戦うのか。

何をめざして戦うのか。


わかりきっていることです。


「勝ちたい」ということ。

ただ、それだけです。


年間勝ち点においても2ndステージにおいても最下位を脱出したい、ということも、

9試合勝ちなしというクラブワースト(タイ)記録の更新を阻止したい、ということも、

心の隅にはあるけれど、それよりも、ただ「勝ちたい」。


残留争いのプレッシャーから解放されて、のびのびとプレーできる、なんてことはないでしょう。

今のチーム状態はそんなに簡単なものではないように思います。

でも、少なくとも「勝たなければならない」試合ではなくなりました。

本当の意味で、失うもののない状態になりました。

「楽しんで」ということは難しくても、ピッチ上での1分1秒を噛み締めながらプレーしてほしいと思います。


自分は明日から日曜日まで出張なので、ホーム最終戦を見届けることはできません。

5月30日以来のホームでの勝利を果たし、ぜひともおいらを悔やませてほしいものです。


現地組のみなさん。

きっと、一人一人がさまざまな想いを抱いての参戦になるでしょう。

おいらのように「最後に魅せてくれるのでは」と根拠のない期待を抱く人。

勝ち負けはどうでもいいから、選手たちの懸命な姿を見たいと思う人。

あまり期待はできないけど、このチームの"現実"を目に焼き付けようと覚悟をもって参戦する人。

正直なところ、この試合も負けるだろうと思っているけど、とりあえず足を運ぶという人。

中には、ここ数年の"憂さ"を晴らしに行こうと考えている人もいるかもしれません。


いずれにしても、嬉しさ、悔しさ、悲しさ、虚しさ…そのすべてをスタジアム全体で共有できるような、そんなホーム最終節であってほしいなと思います。

クラブのサイトによれば、試合後には田坂監督、左伴社長、キャプテンである拓也の挨拶が予定されています。

そして、さらっと書かれていますが、その後は西サイドスタンド前にて社長が改めて挨拶をするようです。


どうか、彼らの言葉にはしっかり耳を傾けてほしいと思います。

不満もあるでしょう。

文句もあるでしょう。

でも、もう新たな試練は始まっています。


「再出発」

未来を考えたいです。

想像でも、妄想でもいいから、理想を語り合いたいものです。

あれこれ考えながら、ここから這い上がっていかなければなりません。


柏戦がどんな試合になるかはわかりません。

それによって、試合後の雰囲気は変わるのかもしれません。

でも、過去を憎むよりも未来を愛するような、そんな「再出発」にしてほしいと願います。

現地にいられないもどかしさを感じながら、そんなふうに思います。


できるなら、拍手を。

現地組のみなさん、よろしくお願いします。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、

at 22:43, macotobatten, 試合 展望

comments(1), trackbacks(0), - -

藤色との戦い、再び

JUGEMテーマ:清水エスパルス



DSCN1684.JPG

2013年9月7日。

それは、歴史的な一戦でした。

当時JFLだった藤枝MYFCと清水エスパルスが公式戦として初めて対戦。

この時に選手兼監督であり、このシーズンを最後に現役引退をした齊藤俊秀氏は、この試合を迎えることができたことが引退の理由であったと明かしました。

この試合でケガによる長期離脱から復帰し、見事なクロスも披露した市川は、今年7月に藤枝を離れ、FC今治へ移籍。

先月23日には、四国リーグでのデビューを果たしたようです。


あの時の対戦では、2-0で清水が勝利。

俊秀氏の指導のもとに徹底して守備を構築してきた藤枝に対して、なかなかゴールネットを揺らすことができなかったことをよく覚えています。

元紀のフリーキックがなければ、違った展開もあり得たかもしれません。


あれからわずか2年。

しかし、両チームともに大きくその状況は変わっています。

今や藤枝はJ3クラブ。

清水とのカテゴリー差は変わりませんが、藤枝のクラブとしての規模は確実に大きくなっています。

俊秀氏も、市川も、藤牧もいません。

方や清水の方は、昨季以上に危機的な状況に追い込まれています。

正直なところ、どっしりと構えて藤枝を迎え撃つようなことはできません。


前回はほぼリーグ戦と同じメンバーで戦った清水でしたが、今回はほぼ全員を入れ替えるような形になるでしょう。

J3の日程の都合上、この週末に試合を組むことができなかったため、今回の試合は9月9日(水)に設定。

平日ナイターを戦った後、中2日で鳥栖へ遠征ということで、非常に厳しいスケジュールとなりました。

三保では、リーグ戦公式球と天皇杯公式球の両方が使われていたようです。

今週はスクランブル状態で2つの試合に臨むことになりそうです。

とはいえ、カテゴリーが2つも異なる相手に対し、弱気な状態で戦いに臨むことはできません。

状況は違えど、試合への想いは2年前と同じ。

しっかりと力の差を示さなければなりません。


現在の藤枝は、J3で8勝4分13敗の9位。

勝ち点のペースは昨季とほぼ同じ程度のようです。

今季のリーグ戦の戦績を見ると、27試合のうち、完封勝利が5試合、完封負けが11試合。

かなり極端な傾向があることがわかります。

連勝と連敗も多く、好不調の波が大きいということがいえます。

そして、今日のリーグ戦では4-2で鳥取に快勝。

油断はできません。


今の清水のチーム状況からすれば、天皇杯にエネルギーを注ぐ余裕はありません。

しかし、この試合を落とすということは、J1クラブとしての存在意義を否定されるようなものです。

同じ静岡のクラブとしても負けるわけにはいきません。

そして、この試合で勝利することができれば、それが例えリーグ戦ではないとしても、田坂体制における初勝利として、チームに勢いと自信をもたらすでしょう。


櫛引、弦太、石毛、大輔、河井、八反田、高木和、健平、松原、加賀美、水谷、航汰、航也、福村。

田坂体制になってから一度も出場機会がない選手は14人。

この中から何人かはピッチに立つことになるでしょう。

ここに名を連ねている場合ではない選手もいます。

特に、石毛、大輔、河井の3選手は、前回の対戦時には主力として先発出場していた選手。

ここでやれなければ、この先のリーグ戦でも出番はないと言ってもいいかもしれません。


非常にもどかしいですが、おそらく現地参戦はできません。

幸いなことにスカパーでの中継があるようなので、後半くらいは見られるか…という感じです。

現地組のみなさん、ゴール裏は少人数になるかもしれませんが、サポートをよろしくお願いします。







平均年齢の上昇』(2015/8/25)


にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、藤枝MYFC

at 23:44, macotobatten, 試合 展望

comments(0), trackbacks(0), - -

湘南戦が守備構築の指標になる

JUGEMテーマ:清水エスパルス

【2015シーズン 年間勝ち点(22試合消化)】

49 広島(+27)


46 浦和(+21)



42 F東京(+7)
41 G大阪(+12)
40 川崎F(+10)







32 鹿島(+5) 名古屋(+4)

30 湘南(-2)

28 横浜FM(0)
27 柏(-4) 
26 神戸(-1)  鳥栖(-13)
25 甲府(-10)
24 仙台(+2) 


21 新潟(-13) 松本(-15)


18 清水(-15)
17 山形(-15)

==========

この2週間はとても長く感じました。

横浜FM戦後の3連オフ。

その合間に発表された大榎監督辞任と田坂監督代行の就任。


練習の様子は直接自分の目で確かめていないのでどうかはわかりませんが、チームを取り巻く報道やサポーターの雰囲気は変わったように感じています。

ただ、一年前のそれとは明らかに違う種類の変化だと思っています。

どこかピリッと引き締まったような、そんな感覚です。


田坂監督代行の方針から感じるところもあるのだと思います。

2つの練習試合の完全非公開。

出場選手もスコアも得点者も発表しないという異例の形でした。

そして、本日9日の練習も急きょ非公開へ変更に。

事情はわかりませんが、田坂監督の並々ならぬ意志が伝わってきます。

それは選手も大いに感じているだろうと思います。


現在の清水は年間勝ち点で17位。

横浜FM戦の勝利で辛うじて最下位は抜け出しましたが、18位山形とはわずかに勝ち点1差。

そもそも最下位脱出が目標ではありません。

15位・16位の新潟・松本とは勝ち点差が3離れており、勝ち点で上回るには最低でも2試合が必要という厳しい状況です。


ただ、ここからのJ1リーグがこれまで通りのままにすすんでいくことは考えにくいと思っています。

1stステージで圧倒的な強さを見せた浦和も、2ndステージに入ってからは苦戦をしています。

補強をしているクラブもありますし、各チームの分析もすすみます。

そして、この暑い時期の戦いは1stステージのようにはいかないでしょう。


また、苦しんでいるクラブは清水だけではなく、これまでの中位陣の中から脱落しつつあるチームが見えてきました。

現在14位の仙台は、ここ5試合で1分4敗。

1stステージの5連敗から持ち直したようにも見えましたが、再び苦戦を強いられています。

佐久間監督になってから息を吹き返していた13位の甲府も、ここ6試合で1勝3分2敗と足踏み状態。

バレーが得点した3試合はいずれも勝利していますが、言い換えればバレー次第のところも。

その上の12位鳥栖も、現在5試合未勝利中で、ここ11試合での勝利はわずかに1勝のみ。

11試合すべてで失点しているということで、清水と同じく守備が大きな課題となっています。

山形、新潟、松本の3チームがライバルであることに変わりはないと思いますが、合わせてその上のチームに追いつくことが大事なことかと思います。

確かに今の清水は苦しい状況ですが、すべてを背負い込む必要はないし、同じように苦しい状況のチームからしっかりと勝ち点を奪っていくことが重要でしょう。


そこで大事になるのが、田坂体制の初陣となる湘南戦。

この試合に向けて、かつてないほどの入念な準備をしてきているわけで、ここで勝利をすることができれば、これまでのチームの迷いはすべて吹き飛ぶでしょう。


湘南の今季のスコアを眺めてみると、鳥栖に4-2、清水に4-0、松本に3-2、柏に3-0といった感じで勝利しています。

鳥栖、清水、松本はいずれも今季失点の多いチーム。

緩さを見せればそれを見逃さないのが、湘南の強みだといえます。

一方で、零封負けが5試合ということも特徴的です。

清水が6試合あるので他チームのことはあまり言えないわけですが、年間8位という位置を考えればその割合の高さがわかります。

こちらも、F東京、G大阪、横浜FM、甲府、名古屋という、いずれも現在の失点数が20点台の守備が堅いチームが相手。

ちなみに失点数最少の広島ともスコアレスドローを演じています。

つまり、守備が緩いチームからは快勝、守備が堅いチームには苦戦という非常にわかりやすいチームだということができます。

これらのことを考えれば、今の清水が田坂体制になってどれだけ守備を整えられたかが、そのまま勝負の行方に直結するといってもいいでしょう。

言い換えれば、湘南の攻撃を抑えることができれば、守備の構築に手応えを感じてもいいということになります。

この試合で湘南の攻撃を抑え、勝ち点3を獲得することができれば、チームにとって大きな励みになるでしょう。


大事な大事な試合ですが、自分は明日から数日間静岡を離れてしまうので不参戦。

遠方からになりますが、清水の新たな船出が素晴らしきものになるよう願っています。






にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、

at 23:41, macotobatten, 試合 展望

comments(0), trackbacks(0), - -

サバイバル、富士山ダービー

JUGEMテーマ:清水エスパルス

2015シーズン1stステージも、残すところはあと2節。

甲府戦を前に、あの試合の記事を読み返してみました。



今もJ1で戦うことができているのは、あの試合があったから。

もちろん、それ以前に残留を決めなければならなかったわけですが、やはり清水の運命を決めるような、そんな試合でした。

記事を読み返しながら、あの時の苦しさや辛さが蘇ってきました。

そして、残留を決めた安堵感と、それ以上に感じた悔しさもまた、心の中に湧き上がってきました。


あれから半年以上が経ちました。

メンバーも大きく変わりました。

戦い方も変わりました。

それを踏まえた上で、今の立場というものを受け止めなければなりません。


「Never Forget 2014」

"Heat Attack Express"よりも、今季のスローガンのようにサポーターの目に触れているような気がします。

あのシーズンを、あの瞬間を、忘れてはいけない。

今のサッカーがあることへの喜びを、忘れてはいけない。

もしもJ2に降格していたとして、おそらくそれはそれで楽しいこともあっただろうと思います。

J2を"堕ちたら地獄"のように捉えるのは、そこで戦っているクラブやスポンサーに失礼なことだと個人的には思っています。

ただ、間違いなく、今のメンバーでサッカーをすることはなかったでしょう。

「忘れてはいけない」の意味は、そういうことなのだと考えています。


監督交代をしてから4戦負けなしの甲府は、それまで大きな課題だった守備が一気に改善。

ここ4試合でわずか1失点ということが、好調の大きな要因だと思います。

かつては清水の選手として、古巣である甲府を相手にゴールを決めたバレーが、今回は再び甲府の選手としてピッチに立つことになりそうです。

戦術的にも、あの頃の"戦術バレー"に近いような戦い方を甲府がやってくるのではないかと予想されます。

温かく迎え入れたいところですが、ゴールだけは勘弁したいものです。



甲府は現在、勝ち点16。

一方の清水は、勝ち点13。

この試合で清水が勝てば、得失点差の関係上、順位が入れ替わることになります。

万が一清水が負けるようなことがあれば…。

清水にとってこの富士山ダービーは、まさに生き残りがかかった試合となります。


ジュビロ磐田とは、悲しきダービーの歴史があります。

いくら美化しようとしてもできるものではないし、おそらくこの先もずっとそれを背負いながら歴史を築き続けていくことになるだろうと思います。

(次の対戦がいつになるのかわかりませんが…)


ヴァンフォーレ甲府との富士山ダービーは、幸いなことに、これまでそういった泥をかけ合うようなことはなかったと思っています。

個人的にも、このブログを通じて交流を広げることもできました。

今回も、甲府サポーターのユタカさんにお誘いをいただいたので、「富士山ダービー盛り上げ企画」に賛同したいと思います。

ただ、残念がながら自分は不参戦。

その時間帯には浜松のあたりにいると思われますが、念だけはしっかり飛ばしたいと思います。


==========

「富士山ダービー盛り上げ企画」参加しています。

富士山ダービー盛り上げ企画スタート!』(ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道)

富士山ダービー盛り上げ企画〜過去対戦成績〜』(ヴァンフォーレ甲府熱血サポーターへの道)


ゲン担ぎです』(オレンジ親父)

富士山ダービー盛り上げ企画』(いつもオレンジ気分で(改))

==========

過去の対戦記事










==========

過去の関連記事



==========





にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
↑↑↑↑
一日一回どちらかにクリックをお願いします。


親愛なるブロガーさんたち
↓↓↓↓

オレンジ親父』(なりき)

一丁目』(さかた)

☆「S」の鼓動☆』(あらた)

いつもオレンジ気分で』(関西エスパ)

青と緑とオレンジの。』(ゆっちゃん)


ぼちぼちつぶやいています。→ https://twitter.com/macotobatten


関連:清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府

at 00:00, macotobatten, 試合 展望

comments(0), trackbacks(0), - -